笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

神戸の相棒も・・・

2012年03月23日 | 日本ドラマ
ドラマ「相棒」シーズン10を見ました。

テレ朝にて 水曜9時にやってました

もう 10回目となると毎話のストーリーも安定感
そして 杉下・神戸のコンビは良い感じになっきて

今回は過去キャラの再登場が目立った感じがありましたね

おなじみ陣川くんや映画版米沢の相棒 相原、あの名探偵など・・・
そして 月本幸子がまさかのレギュラーに!

そういう意味で 今まで見てきた身としては
嬉しいエピソードが多かったですかね

とはいえ、これはっという作品が少なかったかな
元旦SP「ピエロ」はかなり良かったですが

そして 最終話「罪と罰」
これで神戸の最後というわけで

そういう降板かぁと
考え方は違う2人でしたからね・・・

右京さんが折れるというのは なかなかなかったですよね
見ごたえありました

総じて、神戸のラストや幸子さんのレギュラーなど
話題性もあり楽しめたかな

もう少し 各話のエピが良ければなぁと・・・

とにもかくにも 次の新相棒が誰か
またも次シーズンが楽しみですね

神戸 お疲れ様です
なんか また別の形で神戸は再登場する気がしますねがね


それでは、また





『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勘に頼って | トップ | いびつな家族 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「相棒 ten」第19話(終) (日々“是”精進! ver.A)
神戸、異動… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203220000/ 相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック 池 頼広 avex io 2011-11-30 売り上げランキング : 29679 Amazonで詳しく見る b...
相棒season10 第19話最終回スペシャル 罪と罰 (レベル999のgoo部屋)
『罪と罰』 内容 何者かが、バイオテクノロジー研究所でクローンを研究している研究者を告発。 文部科学省の但馬は、嘉神郁子(真野響子)を問い詰めていた。 娘・須賀茜(浅見れいな)が再婚もしていないのに妊娠をしていると。 1年ほど前に夫・貴明と息子・瑠偉を事....
【相棒 Season 10】 最終回スペシャル:「罪と罰」 (仙丈亭日乘)
尊:「では、またいつか・・・どこかで」
『相棒 season 10』最終回スペシャル「罪と罰」 (瑞原唯子のひとりごと)
クローン作成に関する家族確執的な話。信心深い息子は、クローンを作った母親を「神への冒涜」と告発。母親も娘も息子もなんだかなぁ、というのが最初の印象。やっちゃいけないことをドヤ顔でやる母親はもちろん、失った子供をクローンで代用しようとする娘、宗教にどっぶ...
相棒season10 最終話感想 (Kyan's BLOG IV)
テレビ朝日|相棒season10 すでに技術的には可能なので,禁止する法律をかいくぐって人間の体細胞クローンができたときのために法整備をするべしという,制作サイドの問題提起なのですかね? 胎児を殺して...
『相棒season10』 最終話 「罪と罰」 (英の放電日記)
 クローン赤ちゃんを巡る様々な思惑、そして、尊君(及川光博)の退場劇がメインで、推理モノとしては、殺害状況と黒いコートの移動の謎ぐらいで物足りなさであったが、却って焦点がはっきりしてよかったのではないだろうか?  あと、切羽詰った状況で、尊に右京(水谷....
相棒 SEASON10 テレ朝(3/21)#19終 (ぬる~くまったりと)
第19話 最終回 罪と罰 公式サイトからバイオテクノロジー研究所の主席研究員・嘉神郁子(真野響子)が、文科省に呼び出され、娘の茜(浅見れいな)を使いクローン人間を作っていることを認めた。何者かが告発文を文科省に送り付けたらしいが、クローン人間が誕生すると...
相棒ten 最終話「罪と罰」 (雪愛のやねうら部屋)
ゲスト:真野響子 浅見れいな 窪塚俊介 木村佳乃 國村隼 脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治 杉下さんの大事なものを踏みにじったというか… 神戸くんの異動先は「警察庁長官官房付き」???
「相棒season10」最終話 (またり、すばるくん。)
最終話「罪と罰」 視聴率20.5%    
相棒 season10 第19話・最終回 感想「罪と罰」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
相棒ですが、最終回で神戸尊(及川光博)も最後ということで、クローン人間とか空想科学小説のようになっています。杉下右京(水谷豊)がタイムトラベルをしたりはしません。 羊のドリーなど現実味のある話ですが、人間のクローンをつくるなど神をも怖れぬ所業です。猫と...
ドラマ『相棒ten』最終回―罪と罰― (闘争と逃走の道程)
 ある日、右京と尊は、通りかかった公園で「あと数ヶ月で、この日本にクローン人間が誕生する」と声を張り上げる男を目撃する。翌日、その男・嘉神隼人が自宅で刺殺体で発見され、ほどなくその母親・郁子が息...
相棒 ten(season10)最終回スペシャル「罪と罰」 (のほほん便り)
最終話は、随分、チャレンジ精神。大胆なテーマをもってきましたね。“クローン人間”の是非とは… (同局の「聖なる怪物たち」は代理母・問題だったので、それ真っ青) でも、オハナシ自体はシンプル。クローン技術に対する、倫理的問題、見解の相違がストーリーの柱...
相棒10 「罪と罰」~「君に人殺しをさせる訳にはいかないじゃありませんか」 (平成エンタメ研究所)
 「存外ずるいですねぇ君は……。君に人殺しをさせる訳にはいかないじゃありませんか」  右京(水谷豊)さんって、「存外」って言葉を使うんだ。  なかなか使わない新鮮な言葉。  まあ、それはともかく、法に厳格だった右京さんが自分を曲げた。  人類のエネルギー...
もうすぐ四月、私の小確幸がぁ~・・・ (“寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題)
昨年も、うちの紅梅の写真 (← 前記事) を載せましたが今年も・・・ろくなお世話もしていないのに、 相変わらず、健気に咲いてくれます。…閑話休題。四月になると、TVの番組がガラッと変わってしまう訳ですが・・・「番組改編」と云うのでしょうか。私の唯一(唯...
相棒10最終話(3.21) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
『罪と罰』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治 嘉神隼人@窪塚俊介という青年の刺殺体が発見され、 隼人の母嘉神郁子@真野響子が自分が殺害したと自首してくる。 郁子はバイオテクノロジー研究所でクローンの研究をしていた人物、 一方、隼人はクローン人間が誕生しよう...