笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

博士と怪物の物語

2015年09月20日 | ライブ、舞台 など
12日のことですが、舞台「フランケンシュタイン」を鑑賞しました。

観劇ではなく鑑賞で良いのかな
ナショナル・シアター・ライブでの観劇なので、言ってしまえば映画館で見たわけで

この フランケンシュタイン はベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが主演していて
博士役、怪物役、それぞれを演じたバージョンがありまして

今回はベネディクト・カンバーバッチが博士役、ジョニー・リー・ミラーが怪物役 バージョンを見ました。

正直 フランケンシュタインの元のストーリーをあまり知らないのだけど
これは かなりオリジナル要素が高いようで

なかなか引き付けられ見れましたね!

演出がダニー・ボイルというのも効いてるのかもしれませんね
シンプルな設定ながら この雰囲気は独特というか ダークさを感じ

やはり見所は怪物と博士、2人のやり取りは見物で
演技合戦は 2人の俳優を見る舞台だなぁと

割合的に怪物パートの方が大きいかなぁという感じで、ジョニー・リー・ミラーの熱演が印象に残り
怪物ならではの哀しさ、恐ろしさを感じられ

とはいえ 対となる博士がいるからこそで、役としては やはり同等といえるかも
いや〜 これは やはり逆バージョンも見たくなりますね

しかし ダニー・ボイル作品として見ると 舞台としての革新性 新鮮味はなく
面白味はそこまで高くなく そこはあくまで舞台作品って感じかな

私的には舞台照明の美しさが印象的で好みでしたね

パンフレット:2000円
      ナショナル・シアター・ライブ2014年のものです
      フランケンシュタイン以外の作品についても扱っています

私的評価:3+
    主演2人の演技を堪能すべき作品かと
    ちょっと期待を高めすぎた感もあり、一層 2人芝居にしてみても良かったんじゃないかと

思えばジョニーカンバーバッチって ホームズ同士の共演だったんですね


それでは、また






 
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 団地内の不思議な話 | トップ | ドラマでもデスノート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL