笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

ロックスターの旅

2012年07月22日 | 2012年 映画 レビュー
17日のことですが、映画「きっと ここが帰る場所」を鑑賞しました。

引きこもりの元ロックスター シャイアン
父親の死を知り、父の行っていた元ナチス親衛隊の男を探す旅に出る

一風変わったロードムービー

派手さはないが なんともまったりとした雰囲気
イイですね

旅で出会う人物たち
それぞれのキャラが良くて、笑えます

そして 何よりシャイアン!
演じたショーン・ペンのなりきりぶりが凄い

声からして まさにらしい感じがでており
役の造形が素晴らしいですね

父の死、シャイアンの過去、ナチスと重い要素がありますが
決して暗くならず いい気分で見れます

ラストのシャイアンもビジュアルも
納得でした

パンフレット:600円
      内容もしっかりあり
      値段にしてはなかなか良いね

私的評価:4
    好みは分かれそうです
    とにかく ショーン・ペンの演技を堪能しました

カメラワークや音楽が効果的で
見どころですね


それでは、また




    
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現場はゲレンデで! | トップ | 笑う学生の就活 ~ 歩き、聞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2012年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「きっとここが帰る場所」@ヒューマントラストシネマ有楽町 (新・辛口映画館)
 J-WAVE「rendez-vous」さん主催の試写会、客席は満席だ。映画上映前に番組DJレイチェル・チャンさんのナビゲート音声が流れる。映画の内容に触れない粋なナビゲーションである。
映画『きっと ここが帰る場所』 (今日の素敵さがし)
 すでに「リビング京都」の記事として書かせて頂き、発刊されているのを、そのまんまここに転載。ショーン・ペンの厚化粧には一瞬目を向いたけど、心を惹かれた一作。
『きっと ここが帰る場所』、憂鬱な道化師 (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
少しずつ通常のレビューに戻していきます。 今回はパオロ・ソレンティーノ監督の『きっと ここが帰る場所』です。