笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

2組の家族から

2012年04月22日 | 2012年 映画 レビュー
17日のことですが、映画「別離」を鑑賞しました。

娘の教育のため海外移住を考えているシミン、父の介護のため反対のナデル
シミンは家を出て 別居となり ナデルは介護人を雇うのだが・・・

アカデミー外国語映画賞を受賞もした本作

イラン映画だが ここに描かれているのは特殊なことはなく
まったく普遍的で

離婚、介護、格差、宗教・・・
さまざまな問題が絡み合い

ストーリー展開は巧くて
サスペンスフルに進み飽きさせない

裁判にまでなり事件の真相は・・・
まさに先が見えない

普通の人々、人間たち
しかし ぶつかる 悪い方へと転がっていく

2組の家族たちから見える問題

少しでも何かが違えばと・・・
正解はあるのか、ないのかもしれないけど

それぞれの守るもの、想い、秘密・・・
誰が悪いかではない もっと深いものが

最後の余韻もよい

考えさせられた

パンフレット:700円
      作りとしてはシンプルかな
      レビューが読みごたえありです

私的評価:4
    脚本の巧さ それぞれの価値観
    そして自分ならどうするかと・・・

私的には監督の前作の方が好きでした
しかし 見やすさや普遍性は今作が上ですね


それでは、また








『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと! そして、 | トップ | 今日で自由も・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
普遍と特殊 (クマネズミ)
2012-05-07 05:44:58
お早うございます。
本作品は、おっしゃるように、前作同様、「ストーリー展開は巧くてサスペンスフルに進み飽きさせない」とは思いましたが、夫ナデルが娘テルメーを自分の元に置いておきたいのであれば、妻シミンとの離婚を認めなければいいのではないのかなどと思えてきて、なんだかよく分からない感じにとらわれてしまいました。これも、イランの特殊事情がよくわからないためでしょうから、そんなに「普遍性」を持っているのかなとも思えました。
クマネズミさんへ (リバー)
2012-05-07 06:19:48
コメント ありがとうございます。

ナデルは父親の介護のために外国への移住は
無理ということからシミンと争いになったのではないかと・・・
親権 (クマネズミ)
2012-05-08 05:20:06
ツマラナイことに拘って誠に申し訳ありませんが、ナデルは、自分は行かないがシミンが独りで海外移住するならかまわないと言っていますから、問題は娘テルメーの親権をどちらが確保するかではないかと考えられ、仮にそうであれば、ナデルは離婚自体を認めさえしなければ、これまで通り娘を手元に置いておけるのではと思えるのですが(シミンは離婚訴訟を提起できないでしょうから)?
クマネズミさんへ (リバー)
2012-05-08 08:03:07
またまた コメント感謝です。

なるほど!
そうでしたか

また 見直したくなりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
別離/Jodaeiye Nader az Simin (LOVE Cinemas 調布)
『彼女が消えた浜辺』でベルリン国際映画祭の監督賞を獲ったイランのアスガー・ファルハディ監督作品。ベルリン国際映画祭で金熊賞を含む3冠を獲得、第84回アカデミー賞では外国語映画賞を授賞した。前作同様に現代イランの社会事情やそこに絡む宗教的な問題といった...
「ナデルとシミン」 (元・副会長のCinema Days)
 (英題:Nader and Simin, A Separation )アジアフォーカス福岡国際映画祭2011出品作品。これは素晴らしい。イラン映画の秀作だ。本映画祭でも上映された「彼女が消えた浜辺」(映画祭でのタイトルは「アバウト・エリ」)に引き続き、アスガー・ファルハディ監督....
別離 / JODAEIYE NADER AZ SIMIN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 本年度アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞で、外国語映画賞 W受賞達成のイラン映画。 ベルリン国際映画祭史上初の3冠!オスカー獲得で83冠目の映画賞に輝く話題作 2010年の外国語映画賞受賞作「瞳...
別離 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
テヘランに生きる2組の家族の摩擦を描く「別離」。巧妙な伏線と深い心理描写、社会背景まで、見事な語り口に引き込まれる秀作。11歳の娘の将来のため国外移住を望む妻シミンと、 ...
『別離』 (2011) / イラン (Nice One!! @goo)
原題: JODAEIYE NADER AZ SIMIN/NADER AND SIMIN, A SEPARATION 監督: アスガー・ファルハディ 、マームード・カラリ 出演: レイラ・ハタミ 、ペイマン・モアディ 、シャハブ・ホセイニ 観賞劇場: ル・シネマ 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞外国語...
映画 ■ 別離(2011) ■ (芸術の小径)
米アカデミー外国語映画賞を 受賞したことでも話題のイラン映画 ■別離(2011)■を上映中のBunkamura ル・シネマへ。
ひとは何故、かくも悲しい生き物なのだろう~『別離』 (真紅のthinkingdays)
 JODAEIYE NADER AZ SIMIN  NADER AND SIMIN, A SEPARATION  「娘の教育のために」 海外移住を主張する妻・シミン(レイラ・ハタミ)と、ア ルツハイマーを発症した父を置いては行け...
アスガー・ファハルディ監督『別離』(Nader and Simin, A Separation) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容(あるシークエンスは詳細)に触れています。第84回アカデミー賞外国語映画賞、第61回ベルリン国際映画祭金熊賞など世界中の映画祭で賞を獲得した『別離』。監督は前作『彼女が消えた浜辺』が一昨年公開
別離  監督/アスガー・ファルハディ (西京極 紫の館)
【出演】  レイラ・ハタミ  ペイマン・モアディ  シャハブ・ホセイニ 【ストーリー】 シミンとナデルはテヘランに住む夫婦。娘のテルメーとナデルの父と4人で暮らしている。シミンは娘の将来を考え、家族揃っての国外移住を考えていたが、夫ナデルの父がアルツハイマ....
別離 (to Heart)
原題 JODAEIYE NADER AZ SIMIN/NADER AND SIMIN, A SEPARATION 製作年度 2011年 上映時間 123分 製作国・地域 イラン 脚本:監督 アスガー・ファルハディ 出演 レイラ・ハタミ/ペイマン・モアディ/シャハブ・ホセイニ/サレー・バヤト/サリナ・ファルハディ イラン人...
別離 (映画的・絵画的・音楽的)
 『別離』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)イラン映画で、昨年見て印象深かった『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督の作品であり、さらに様々の国際映画祭で受賞しているとのことでもあり、期待して見に行ってきましたが、マズマズの仕上がりではない....
映画・別離 (読書と映画とガーデニング)
2011年 イラン 英題 Nader and Simin,A Separation イスラム教を土壌とするイランに生きる人々の姿をリアルに描いています イランの首都テヘラン 二組の家族 一組は、夫婦(ナデルとシミン)と十代の娘(テルメー)と介護が必要な夫の父親 夫は銀行員、妻...
『別離』 嘘つきは泥棒の始まり (映画のブログ)
 さすが『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督だ。新作『別離』も実に面白い映画である。  テヘランを舞台に描かれるのは、離婚や介護や失業等々、どこの国でも人々の頭を悩ませる問題だ。映画...
別離 (悠雅的生活)
ちいさな嘘。大きな犠牲。隠された本心。
別離 (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー外国語映画賞、 ベルリン国際映画祭で金熊賞・銀熊賞を受賞 その他、世界中の映画祭で賞を総なめしているイラン映画です。 かなり期待をして見に行きましたが、期待に違わぬ見応えのある作品でした。 緊迫した雰囲気の中、思わぬ展開にスクリーンに釘付け。 ....
別離 (こんな映画見ました~)
『別離』---JODAEIYE NADER AZ SIMIN   NADER AND SIMIN, A SEPARATION---2011年(イラン)監督:アスガー・ファルハディ 出演:レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ 、シャハブ・ホセイニ 、サレー・バヤト 、サリナ・ファルハディ 前作「彼女が消えた浜辺」...
DVD:「別離」 前作よりさらにイラン社会「独自」or「普遍的に共通」を感じる醍醐味が強化された傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
イラン出身、アスガー・ファルハディの新作。 「彼女が消えた浜辺」(2010.9.19アップ)での醍醐味は、イラン社会「独自」あるいは「普遍的に共通」なものを発見させること。 今回は旅行に出かけた人々ではなく、テヘランに住む夫婦を描く。 そしてタイトルの示す通り...