笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学校という社会の中で

2015年07月31日 | 小説
小説「エヴリシング・フロウズ」を読みました。

著者は 津村 記久子

好きな作家の1人、津村さん
けっこう久々に!

今作は中学生を主人公にした スクールものといえばよいか
そこは津村作品なので ただの青春モノとは違うけど

学校という中の人間関係を、ドラマを紡いでいて
独特というか 深い人物描写は流石

ただ、中学生がそこまで考えてるか・・・ という気もして

過去作でも、子どもを主とした作品を書いてるようだけど
僕が読んだ作品、イメージとして大人や働いている人たちのドラマを描く作家さんという感じが強くて

新たな一面を知ったけど、
やはり大人が主人公とした作品の方が合ってるかもなぁとも

とはいえ、面白くないというわけではないので、あしからず

私的評価:3
    津村さんらしさは感じられ
    キャラ立ちした群像劇らしさもあるかなぁと

また、別作品の子ども主人公の作品も読んでみたいなぁと


それでは、また




『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車内、電話にて一変する一夜 | トップ | バケモノに育てられ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事