笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お仕事していれば・・・

2016年05月13日 | 小説
小説「ワーカーズ・ダイジェスト」を読みました。

著者は 津村 記久子

さて津村作品 最近読んだのは そこまでだったのだけど、果たして本作は・・・

これは楽しめましたね!
やっぱり 津村作品は大人主人公のお仕事系が自分は好みなのだと

本作はまさに普通の企業で働く男女を主人公にしていて
仕事を中心とした日常を淡々と描いていく

とはいえ これがなんとも共感もでき 楽しく読めて

何か大きな展開があるわけではないが 様々なエピソードというか それがしみじみ良いなぁと
ラストのちょっとした希望も嬉しいし

私的評価:4
    今作は私的にはアタリでしたね
    もう1つの中編「オノウエさんの不在」も同様に良かったです

やっぱり こういう系の津村作品 また読みたいですね


それでは、また

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そのリストは犯罪者を捕らえる | トップ | その家族は壊れかけ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

『ワーカーズ・ダイジェスト』/津村記久子 ○ (蒼のほとりで書に溺れ。)
うわ~、なんだろう、このあるある感…。 正社員・派遣社員時代を思い出しました。津村記久子さんのお仕事小説って、なんでこんなに刺さるんだろうねぇ(^_^;)。事務系で会社勤めしてたの、もうずいぶん昔の話なんですけどねぇ。 『ワーカーズ・ダイジェスト』。すっごく...