笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

日常のなかに

2009年12月20日 | 小説
小説「パレード」を読みました。

著者は、吉田 修一

男女4人の共同生活 そこに1人加わって
1人1人 それぞれの視点から語られる

何があるわけではない 大きな事件もなく
リアルな日常 平凡といえるか

しかし、最後まで読ませます
最後は驚きが・・・

これは 怖い
まさに、現代の若者の現実なのか・・・

みんな、演じて生活している
上辺だけの関係 

これは、考えさせる
ちょっと 驚きの1冊

悲しくても 恐ろしい
何なんだろうか・・・

私的好き度:4
     あまりに日常なんで それがどうか・・・
     とはいえ、それぞれのキャラがたっていて 読ませます

これは、今までにない感じの小説だったような
ある意味 衝撃な

第15回山本周五郎賞受賞作であります


それでは、また


『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ターミネーターをドラマで | トップ | ひとまず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL