笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

夜のお仕事

2012年08月13日 | 2012年 映画 レビュー
10日のことですが、映画「眠れぬ夜の仕事図鑑」を鑑賞しました。

今年 初のドキュメンタリー!

ヨーロッパの夜に行われている仕事を
見せていく作品

こんな仕事があるのかぁという驚きと関心
裏側が見れる興味深さ!

まさに ドキュメンタリーの良さがあり

今回も前作「いのちの食べかた」と同じく、説明や音楽などが一切ない
観察するようなスタイル

しかし、今回はいまいちメッセージが伝わりづらかったかな

あまり 1つ1つのインパクトも薄く
単調に進むので・・・

この監督らしくはあるのですがね

とはいえ
へぇーとなるような、考えさせられるパートもありましたね

パンフレット:600円
      作品自体に説明がないぶん
      パンフで補えるので良いですね

私的評価:2+
    前作と比べると弱かったかなぁと
    もっと驚きがあればなぁと

次はどの題材で見せたくれるのか 楽しみですね


それでは、また




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑う学生の就活 ~ 飯を食べ... | トップ | 2つのストーリー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「眠れぬ夜の仕事図鑑」 (ママデューク)
2012-09-12 20:40:23
はじめまして。私はママデュークと申します。トラックバックありがとうございました。
私も同意見で今回の作品は「いのちの食べ方」ほどインパクトは受けなかったです。
それでは失礼致します。
ママデュークさんへ (リバー)
2012-09-12 23:10:29
コメント ありがとうございます。

そうですよね・・・
またよろしくお願いします

コメントを投稿

2012年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『眠れぬ夜の仕事図鑑』 (2011) / オーストリア (Nice One!! @goo)
原題: ABENDLAND 監督: ニコラウス・ゲイハルター 観賞劇場: シアター・イメージフォーラム 公式サイトはこちら。 夜のお仕事。 人間の感覚として眠りに向かう夜に眠らず、仕事をする人たちの羅列が続く。 ライブ会場、工場、ホットライン、国境監視員、病院、...
■『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2012年:日本映画、本広克行監督、君塚良一脚本、織田裕二、深津絵里、柳葉敏郎、ユースケ・サンタマリア、小泉孝太郎、小栗旬、 伊藤淳史、内田有紀、香取慎吾出演。
「眠れぬ夜の仕事図鑑」~フクロウたちの熱い夜 (酔生夢死浪人日記)
 「DAYSJAPAN」最新号に「国会大包囲」(7月29日)のリポートが掲載されている(文=広瀬隆、中田絵美/写真=広河隆一、高橋邦典)。あの夜、真横でマイクを握る国会議員の声を掻き消すように、車線に溢れ出た人たちが自らの思いを叫んでいた。俺はあの時、地...