笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

アレン流 タイムスリップ!

2012年05月28日 | 2012年 映画 レビュー
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。

婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル
しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた
ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい…

ウディ・アレン監督作品

いや~ 僕は好きですね
楽しめました

タイムスリップ内で出会う有名人たち!
フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ダリ、ピカソ…etc

ギルと彼らとの交流
なんとも見ているだけで不思議で面白い

20年代で恋をしてしまうギル
さて、どうなるのか・・・

最後に訪れる意外な展開
そして ある教訓

昔への想い、ノスタルジーに浸る
そのことへの回答とは?

いやー いかにもアレン監督らしい
結末も納得で

演出も淀みなく流石
アカデミー脚本賞を受賞しただけあり ストーリー展開は素晴らしい

パンフレット:700円
      内容もしっかりと
      表紙がシンプルなのも良いですね

私的評価:4+
    ストーリー、登場人物たち、結末を含め好みでした
    20年代のことを知っているとより楽しめますね

映画館では初のアレン監督作でした
また 次作も楽しみです


それでは、また







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今回は短編で! | トップ | なんだかんだで »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有名人たちに会えたら! (クマネズミ)
2012-07-16 06:06:15
お早うございます。
TB&コメントをありがとうございます。
本作については、おっしゃるように、「ギルと彼ら(フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ダリ、ピカソ…etc)との交流 なんとも見ているだけで不思議で面白い」と思いました。彼らの話す台詞や仕草などの一つ一つに様々な典拠があるような感じがし、DVDが出たらそんなところを調べてみたいなと思いました。
クマネズミさんへ (リバー)
2012-07-16 20:50:55
コメント ありがとうございます。

たしかに 知っているとより楽しめる
そんな作品ですよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ミッドナイト・イン・パリ (Akira's VOICE)
パリふれあい街歩き。  
ミッドナイト・イン・パリ (悠雅的生活)
午前零時。憧れの時代。雨の中の散歩。
ミッドナイト・イン・パリ (映画の話でコーヒーブレイク)
ベトナムに行く飛行機の中で見た1本です。 ウディ・アレンが脚本と監督を務め、アカデミー脚本賞を受賞。 公開になったら映画館に見にいこうと思っていたので、飛行機の中で見れてラッキーでした。       *************************  ...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (ラムの大通り)
(英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代のパリに行って、 歴史に名を残す著名な人たち、 ピカソやヘミングウェイなどと会うってお話でし...
映画レビュー「ミッドナイト・イン・パリ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Midnight in Paris [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆パリを舞台にした幻想的なファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」。ユーモアと皮肉のブレンドが絶妙。 【80点】 ハリウッ ...
迷子の旅人~『ミッドナイト・イン・パリ』 (真紅のthinkingdays)
 MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)と憧れのパリにやってき た。何...
ミッドナイト・イン・パリ (だらだら無気力ブログ!)
当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。
ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(Midnight in Paris) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレンの監督生活47年、監督作42本目にして自己最高の興行成績を樹立した『ミッドナイト・イン・パリ』本作でゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞。アカデミー賞では作
ミッドナイト・イン・パリ (そーれりぽーと)
ウディ・アレンのロマンティック・タイムスリップ映画、『ミッドナイト・イン・パリ』を観てきました。 ★★★★★ また好みのジャンル、タイムスリップ物。 VFXバリバリの『MIB3』に続いて、同じタイムスリップものでもVFXとは対極にあるようなウディ・アレンのヒューマ...
ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris (LOVE Cinemas 調布)
語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris (勝手に映画評)
酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。 幻想的で、ユニークな内容です。ティーパーティー運動の事に触れていたり、アメリカ人...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本 アカデミー賞で脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞受賞! 2004年、NYから舞台をヨー...
「ミッドナイト・イン・パリ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~真夜中のパリに魔法がかかる~ 本年度アカデミー賞脚本賞受賞作品2011年   スペイン・アメリカ合作映画   (2012.05.26公開)配給:ロングライド      上映時間:94分監督:ウディ・アレン脚本:ウディ・アレン衣装:ソニア・グランデ出演:オーウ...
ミッドナイト・イン・パリ/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
『人生万歳!』でニューヨークへと戻ったウディ・アレンがヨーロッパへとまた帰ってきたわけですが、今作の舞台は本拠地のロンドンではなくタイトルにあるようにパリです。そして予 ...
「ミッドナイト・イン・パリ」 心地よい巨匠のお遊び (ももたろうサブライ)
監督 ウディ・アレン
ミッドナイト・イン・パリ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
真夜中のパリは、不思議の街。 ウッディ・アレンが、自らもこよなく愛すパリを舞台に描くファンタスティックな寓話。 世俗的な仕事に嫌気がさし、小説家としての再出発を志す主人公、ギルが迷い込んだのは...
「ミッドナイト・イン・パリ」 (セレンディピティ ダイアリー)
ウディ・アレン監督がおくるファンタジー・コメディ、「ミッドナイト・イン・パリ」(
「ミッドナイト・イン・パリ」 (みんなシネマいいのに!)
  いや、マジでネタじゃないんだけど、「ラストタンゴ・イン・パリ」だと思いこんで
『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう (映画のブログ)
 一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加...
「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ウッディ・アレン監督作品は初体験。 「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。
ミッドナイト・イン・パリ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリ...
映画・ミッドナイト・イン・パリ (読書と映画とガーデニング)
2011年 スペイン=アメリカ合作 原題 Midnight in Paris 2010年 ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)の両親の出張のご相伴に預かり憧れの街パリを訪れる パリの屋根裏部屋での暮らしを....
ミッドナイト・イン・パリ (心のままに映画の風景)
ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。 ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシ...
ミッドナイト・イン・パリ (Memoirs_of_dai)
ウディ・アレンのパリ好き度 【Story】 ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗しパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として...
ミッド・ナイト・イン・パリ (迷宮映画館)
素敵な時間、夢の時間、魔の時間?
ミッドナイト・イン・パリ (食はすべての源なり。)
ミッドナイト・イン・パリ ★★★★☆(★4つ) 第84回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞にもノミネートされ、脚本賞を受賞 ハリウッドで売れっ子の脚本家ギルは、婚約者アィネズと彼女の両親とともにパリに遊びに来ていた。パリの魔力に魅了され、小...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (2010) / アメリカ・スペイン (Nice One!! @goo)
原題: MIDNIGHT IN PARIS 監督: ウディ・アレン 出演: キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ 、マリオン・コティヤール 、オーウェン・ウィルソン 、 レイチェル・マクアダムス 、マイケル・シーン 公式サイトはこちら。 苦手な...
ミッドナイト・イン・パリ (こんな映画見ました~)
『ミッドナイト・イン・パリ』---MIDNIGHT IN PARIS---2011年(スペイン/アメリカ)監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェ....
『ミッドナイト・イン・パリ』 (beatitude)
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とともに愛するパリを訪れる。ワンパターンの娯楽映画のシナリオ執筆に虚しさを覚えているギルは、作家への転身を夢見て、ノスタルジー・ショップで働く男を主人公...
ミッドナイト・イン・パリ (愛猫レオンとシネマな毎日)
本年度アカデミー賞、最優秀脚本賞を授賞したウディ・アレン監督の最新作です 。 恋人と憧れのパリを訪れていた小説家志望の主人公が、 なぜか毎晩1920年代のパリにタイムスリップ。 そこは、芸術が花開いたゴールデンエイジと呼ばれるお伽の世界。 主人公は、そこ...
ミッドナイト・イン・パリ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ....
映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監督賞/脚本賞/美術賞) という中、さっそく。 環境は英語で(字幕は中国...
ミッドナイト・イン・パリ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ....
「ミッドナイト・イン・パリ」(MIDNIGHT IN PARIS) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の才人、ウディ・アレンがメガホンを執ったロマンティック・ファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年、米スペイン、94分、W.アレン脚本)。この映画は作家志望の米国人青年が、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソらが集う1920年代...
ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン 2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★ 「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、自分の過ごしてきたある一時期に対する思い入れが強い私。自分の楽しんでいる娯楽の原...
ミッドナイト・イン・パリ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ウディ・アレン 出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン......