笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

こころに抱えたもの・・・

2015年06月25日 | 日本ドラマ
ドラマ「Dr.倫太郎」を見ました。

日テレにて 水曜10時からやってました

精神科医を主人公にした物語で、1話完結型で患者の話が軸となりつつ
後半は倫太郎 自身のストーリー、夢乃との関係が大きくなり見せていく

この精神病というテーマがなかなか難しいとは思うけど
地味ながらも 最後まで見せきってくれて

それも主演の堺雅人の好演
そしてここまで揃った出演者にあるかと

キーとなる蒼井優の二面性は流石の演技だし、小日向文世の最後の暴走っぷりも良かったし
舞台人の長塚圭史や遠藤憲一と松重豊の共演も嬉しく、役的には小さいともいえる 吉瀬美智子や内田有紀も適役で

余貴美子と高畑淳子の女優対決も圧倒だったし、石橋蓮司と高橋一生のコミカルさは◯

ストーリーはドラマ的な盛り上がりとしては、後半は良かったと思うけど
私的には最後までがっつりと1話完結で対患者で見たかった気もしましたね

特に第1話、これはMVPともいえる名演だった近藤春菜の演技もあると思うけど
このクオリティで毎話あればなぁとも

とはいえ、大学病院内の政治、人間関係がまた物語を面白くしていたし
倫太郎のこころの動き、恋がメインとなっていたので 今作は今作で良かったのだけどね

ラストもどうなるかと思ったけど なんとも全てが落ち着いて終わり
正直 派手さはないけど しみじみ良かったなぁと


それでは、また




『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スター・ウォーズの絵画たち | トップ | 医者と患者の対話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
Dr.倫太郎 (第10話 最終回・6/17) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日テレ系『Dr.倫太郎』(公式) 第10話/最終回『一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択』の感想。 倫太郎(堺雅人)は、治療者としてではなく、一人の男として明良(蒼井優)のことを愛していると思うようになる。そんな中、るり子(高畑淳子)が...
Dr.倫太郎 #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択』
彼氏が結婚するから仕事をやめると言い出しまして(蒼井優)それは少し様子が変ですね(堺雅人) (キッドのブログinココログ)
人間は模倣する生き物である。 そもそも、遺伝子は基本的にコピーシステムなのである。 親が笑えば子も笑うのだ。 親が歩けば子も歩くのである。 日本人に囲まれれば日本人になっていく。 親が狂えば子も狂う。 精神病患者に接し続ける精神科医は当然、精神を病むわけであ...
Dr.倫太郎 最終回「一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択」 (のほほん便り)
それなりに最終回で、フィニッシュしたけれど、主演の、今が旬な堺雅人を筆頭に、豪華な名脇役達が、ちょっと、もったいなかった感ですよね。軸をなしていた、夢乃(蒼井優)問題… 夢乃と明良(二役)の人格が1つになり始めて、治癒されつつある傾向が救いだったかな?...
『Dr.倫太郎』 最終回 (美容師は見た…)
んなバカな…と思ってはいけません。「世の中には はっきりさせない方がいいこともあるってこと」 by池患者だけじゃない、みんな病んでるんです。。。「笑ってるのか? 俺のこと。そうだろ?日野」 円能寺「笑っていません」 倫太郎「笑ってるじゃないか!」「こうい...
ようこそ、わが家へ&戦う!書店ガール&心がポキッとね&Dr.倫太郎最終回感想 (NelsonTouchBlog)
すでに続々と最終回ラッシュ(汗)全然書けてなかったので、曜日ごとに追って最終回感想をまとめて書いていこうと思いました・・。