笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

夫婦たちの奇妙な4編

2017年01月06日 | 小説
小説「ニセモノの妻」を読みました。

著者は 三崎 亜紀

4つの短編からなる作品集
どれも独立した話だけど、どれも夫婦が中心となっているところがキーワードかな

「終の筈の住処」「ニセモノの妻」「坂」「断層」

どれもが、三崎さんらしい現実なのだが ちょっと奇妙な世界観で
そこがノレるか、ノレないかというところかな

今作はより奇妙な物語のような感じだなぁとも ドラマで見たいですね

私的には「断層」がストレートに良かったかな
「坂」のありえなさも面白かったけど

流石、三崎さんといえる短編集でした

私的評価:4
    ここ最近読んだ、長編はちと物足りなさもあったけど
    短編ということもあってか、飽きずにどれも良かったかな

そういえば、コロヨシは続編は読んでないのだけど、どうなのかしら


それでは、また



『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天才貴族が事件を解決! | トップ | 辞書を作ろう! ~ アニメ編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ニセモノの妻』 三崎亜記 (くりきんとんのこれ読んだ)
ニセモノの妻 - 12~13日。 三崎ワールドを堪能できる4編の中編。 4組の夫婦の物語。 「終の筈の棲家」 終の棲家にするつもりで、結婚一か月で購入したマンション。 すぐに......