笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

意識はコンピューターの中

2014年07月16日 | 2014年 映画 レビュー
6日のことですが、映画館「トランセンデンス」を鑑賞しました。

人工知能を開発しているウィルは反テクノロジーの組織の凶弾に倒れるがウィルの脳は人口知能にアップロードされる
ウィルの意識は人口知能の中で生き続け 地球上のあらゆる知識を手に入れ、やがて人類の想像を超えるレベルにまで達して・・・

純粋にというか久々にSF映画を見たといった感じ!

最近でも「オール・ユー〜」などSF作品はありましたが
SFアクションとは違う ガチのSFというか

意識だけで生きる、人工知能をモチーフに
それは本当に彼なのかという疑惑もありつつ

けっこうドラマ色が強いというか
それこそアクションで魅せる、ビジュアルで魅せるのとは違う SF色強い サイエンス系といえばよいか

しかし ある種のテクノロジーの暴走という 古典的なありそうな話だし
けっこうツッコミどころもあるのだけど…

とはいえ 主演 ジョニー・デップをはじめ
レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、ケイト・マーラ、キリアン・マーフィー、モーガン・フリーマンなど豪華キャストで

この豪華俳優陣が支えているというか
作品を高め貢献しているなぁと

後半の盛り上がりや画の迫力もあり
面白くなりそうな展開は良かったかな

パンフレット:820円
      値段のことはあり
      ボリュームありますね

私的評価:3+
    ちと期待し過ぎたか、予告が煽りすぎたか
    けっこう淡々ではないけど 今風ではないというか

好きな人はハマりそうな感じもあるかも


それでは、また






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 振り切ったエンタテインメントを | トップ | ラストに向けたNY »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【 トランセンデンス 】究極のネット依存 (映画@見取り八段)
トランセンデンス〜 TRANSCENDENCE 〜     監督: ウォーリー・フィスター    出演: ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、キリアン・マーフィー、ケイト・マーラ 公開: 2014年6月28日 2014年6月28日。劇場観賞。 ...
トランセンデンス (IMAX)/ジョニー・デップ (カノンな日々)
クリストファー・ノーランが製作総指揮を務めジョニー・デップの主演で天才的な頭脳を人工知能へとアップロードされた亡き科学者の意識が巻き起こす予期せぬ事態を描いたSFサスペ ...
トランセンデンス (佐藤秀の徒然幻視録)
センスなっトランデンス 公式サイト。原題:Transcendence。クリストファー・ノーラン製作総指揮、ウォーリー・フィスター監督。ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、モーガン・フリ ...
トランセンデンス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(11) 科学専門分野からの評価は高いが映画としてどうかと。。。
トランセンデンス (いやいやえん)
【概略】 死の間際、コンピュータに意識をインストールされたウィルは、あらゆる情報を手に入れ究極の進化を遂げる。 SF インストールされた頭脳。それは世界に拡散し、全人類の脅威となった。「彼」は私が愛した夫だった―。 ジョニデ?ノンノンノン、私の目...
トランセンデンス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間の脳の全情報を人工知能に移植したらどうなるかを描いたSF作品だ。スーパーコンピューターではなくて、ネットに接続したパソコンに人間の脳の情報を移した人工知能という点が現実性を持っている。最終的にはラブストーリーみたいな終わり方だった。
トランセンデンス (そーれりぽーと)
今回クリストファー・ノーランは製作、彼の下で撮影監督をしてきたウォーリー・フィスターの初監督作『トランセンデンス』を観てきました。 ★★★★ 人工知能が人間を超えた先には何が待っているのかと言う、近い将来に起こりそうなテーマに切り込み、様々な可能性に挑...
トランセンデンス (だらだら無気力ブログ!)
う〜ん、つまんなくはないんだけど面白くもない。
トランセンデンス (映画的・絵画的・音楽的)
 『トランセンデンス』をTOHOシネマズ六本木で見ました。 (1)余り好まないSF物ながら、ジョニー・デップの主演作というので映画館に行ってみました。  本作(注1)のタイトルクレジットの後(注2)、舞台はカリフォルニア州バークレーとされます。  全体に酷く荒廃し...
トランセンデンス (映画と本の『たんぽぽ館』)
凡庸 * * * * * * * * * * 久しぶりにジョニー・デップのまともな人の役ということで 期待していたのですが、やや期待はずれ。 設定はとても興味深かったのです。 意識を持ったスーパーコンピュータを開発しているウィル(ジョニー・デップ)が、...
トランセンデンス / Transcendence (勝手に映画評)
人の意識をコンピュータにアップロード。コンピュータは意思を持ち、独自に進化を始める。SFと言うか、スリラーと言うか、サスペンスと言うか・・・。そう言う内容です。 人の神経伝達系の信号は、電気信号だと言われているので、その電気信号を解析できれば、もしかした...
『トランセンデンス』 2014年6月17日 EX THEATER ROPPONGI (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トランセンデンス』 を吹替え版完成披露試写会で鑑賞しました。 イベントに登場したのは、戸田奈津子が紹介され少し期待した私がバカだった。。。 期待外れの合成音声のジョニー・デップだった 後は、坂上忍とバービーというどうでもいいような2人だった ちなみに、EX...
トランセンデンス (映画好きパパの鑑賞日記)
 AIをテーマにした作品ならher、SF大作ならオール・ニード・ユー・イズ・キルが公開されているため、ただでさえしょぼい作品が余計、さえなくなってしまいました。SFでくるんだ純愛映画にするのはいいのだけど、ちょっと迷惑すぎるのでは。  作品情報 2014...
トランセンデンス  監督/ウォーリー・フィスター (西京極 紫の館)
【出演】  ジョニー・デップ  レベッカ・ホール  ポール・ベタニー  モーガン・フリーマン  【ストーリー】 人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル。だが、妻エヴリンの手によ....
『トランセンデンス』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Transcendence 監督: ウォーリー・フィスター 出演: ジョニー・デップ 、モーガン・フリーマン 、レベッカ・ホール 、ポール・ベタニー 、キリアン・マーフィ 、ケイト・マーラ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2014年6月28日公開)...
「トランセンデンス」☆超えそうで超えない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スクリーンのジョニデは手を伸ばせば触れられそうで居て触れられない。 しかしモニターの中の夫と心を通わせて、ついには同化してしまう妻エヴリンは、そのとき超越(トランセンデンス)して、常に彼のそばで彼を感じていた。
トランセンデンス ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『ダークナイト』シリーズなどのクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めるSFサスペンス。亡き科学者の意識がアップロードされた人工知能が進化を果たし、人類や世界を混乱に陥れていく。メガホンを取るのは、『インセプション』『マネーボール』などの撮影を手掛...
「トランセンデンス」 あまりに「神」過ぎる (はらやんの映画徒然草)
人工知能を研究する天才科学者ウィルは、進化し過ぎる科学に危機を感じるテロリスト集
『トランセンデンス』 (時間の無駄と言わないで)
コスプレでも白塗りでもないジョニー・デップは久々だ。 でもそういう彼目当てで観に行ったファンはこの扱いは不満なんじゃなかろか? なんかダラダラしたSFだったなぁ。 凄い眠 ...
トランセンデンス (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第351回「すっかり・・・思いっきり勘違いをしてしまいました。」 今回の作品「トランセンデンス」は、私が注目している監督、クリストファー・ノーラン監督の作品と聞いて、かなりワクワクしていました。ここ最近の彼の撮る作品のクオリティーの高さは知っていたので....
映画『トランセンデンス』 (健康への長い道)
 28日から公開、ジョニデ主演の近未来SF『トランセンデンス』を、今日は高齢者の方(『春を背負って』狙い?)が目立つ新宿ピカデリーで。  “トランセンデンス(超越)”とはAI(人工知能)が人間の知能・知性を超える瞬間のことで、一般的には“シンギュラリティ(特...
PCがゾンビをつくる映画ですねん・・(違)〜「トランセンデンス」〜 (ペパーミントの魔術師)
ちょうど1年前に公開されたジョニデの映画、WOWOWで録画鑑賞。(^_^;) 妻は夫に死なれたくなかった、夫は妻の願いを叶えたかった。 実はそれだけの話なんですが これが科学者の知識と意識をコンピューターにインストールしちゃったばかりに 人を超越していく存在となり....