笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

最期の願い

2011年10月28日 | 小説
小説「MOMENT」を読みました。

著者は 本多 孝好

病院でバイトをしている男
彼は 末期患者の最期の願いを叶える・・・

一見 感動路線かと思うが
そうではなくて

哀しく 深い ストーリー
そして意外な展開もあって

4つの話からなる連作短編
どれも良く出来てますね

末期患者の願いを叶えるという 設定的にはありがちですが
中身はオリジナリティがあって イイですね

ドラマ、ミステリ、感動・・・
要素を多岐に感じました

私的評価:4+
    著者の作品は初でしたが 読みやすく
    話も面白かったです

森野が主人公となる 「WILL」もあるそうで
読んでみたいです


それでは、また




『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝い事で | トップ | 名古屋旅行 食編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「MOMENT」 本多孝好 (コンパス・ローズ  compass rose)
「死ぬまさにその瞬間、自分は何を思い浮かべると思う?」病院で清掃のアルバイトをしている「僕」にそう問い掛けてきたのは、特別室の入院患者有馬だった。「僕」は大学4年生、将来の進路について方向を決めかねている頃でもあった。自分が死ぬ時に何を想うのか。何を想...
MOMENT*本多孝好 (+++ こんな一冊 +++)
☆☆☆☆・  あの病院にはね、以前から語り継がれている  一つの噂話があったんだ・・・・・  そして僕は、死を前にした人たちの願いを一つずつ叶えていく。  心に残る物語との出会い。  最期に一...
MOMENT (どくしょ。るーむ。)
著者:本多 孝好 出版社:集英社文庫 紹介文: 「MOMENT」は「正義のミカタ 」より先に読んだのですが、感想が難しくて放置していました。 死の間際に一つだけ願いを叶えてくれる ...
MOMENT(本多孝好) (Bookworm)
連作短編集。 なんといっていいのか。なんとも言葉で表現できない読後感。決して”爽快”ではないんだけど、というか、逆に”じゃりじゃり感”みたいなものを感じる。感じるんだけど、なんというかね、それが嫌ではない。なんだろなぁ・・・。
MOMENT (本と父親とadministrator)
死を悟った人の心は、今までの生き方で鬼にもなれるのか?「死を間近にした患者の願い事を叶えてくれる」という噂の病院で、主人公の青年は死に行くものたちの切なさと残されるものたちの憤りを知る。生きていく側のひとは何をするべきなのだろう?自分は泣くことしかでき...
「Fine days」「will」「moment」感想 本多孝好 (ポコアポコヤ)
結局最後に読んだ「moment」が一番私は面白かったかもしれません^^
MOMENT (それは独り言)
MOMENT (集英社文庫)本多 孝好 集英社 2005-09-16売り上げランキング : 48795Amazonで詳しく見る by G-Tools 死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら…。 病院でバイトをする大学生の「僕」。 ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられる...
本「MOMENT」本多孝好 (日々のつぶやき)
  ☆本プロからの移行☆ 「人生の終わりに、ひとは誰を想うのだろう。」 病院で清掃員のバイトをしてる僕。その病院にはある噂があった。死期間近な患者の前にたった一つだけどんな願いでも叶える人間が現れるという。その人は清掃員の姿をしてるという。 病...