笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

湯川と少年

2011年12月22日 | 小説
小説「真夏の方程式」を読みました。

著者は 東野 圭吾

あのガリレオ 湯川シリーズ
新作長編です

今回もやはり読みやすく
引き込まれますね

ストーリーとしてシンプルというか
オーソドックスで

ただ、肝心のミステリーとしては普通
トリックも弱く・・・

それよりも ドラマ部分が大きく
それぞれが想う気持ち、信念が・・・

人間関係の絡みが強く

なんと言っても
今回 湯川と少年の交流が1つの肝ともいえて

この2人のやりとりは
やはり良いですね

まぁ 今までとは違った
ガリレオシリーズだった気がします

私的評価:3+
    ちょっとトリックを期待しすぎたかな
    とはいえ 一定クオリティはあり流石

また容疑者Xのような
驚きを味わいたいですね


それでは、また




『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋をしよう! | トップ | ミタを見た。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
真夏の方程式 (Akira's VOICE)
東野圭吾 著 
今日の読書 真夏の方程式/東野圭吾 (地下室で手記)
東野圭吾の天才物理学者ガリレオシリーズの長編第3弾になります。 科学者としての興味だけで事件の捜査に協力するというだけで、事件そのものに深くかかわろうとするわけでも、事件の解決そのものに興味が...
真夏の方程式*東野圭吾 (+++ こんな一冊 +++)
真夏の方程式(2011/06/06)東野 圭吾商品詳細を見る 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で...
本 「真夏の方程式」 (はらやんの映画徒然草)
東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズの最新長編です。 「容疑者Xの献身」もそうなの
真夏の方程式 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
真夏の方程式著者:東野 圭吾文藝春秋(2011-06-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に ...
「真夏の方程式」 東野圭吾・著 | 少年、夏の日に風変わりな物理学者と出会う。 (23:30の雑記帳)
文句なしの五つ星です! 個人的には今まで読んだ東野作品の中で最高傑作。 発売されて間もないのでネタバレなしの方向で。。。 あらすじ。。。 小学5年生の恭平は、夏休みを利用し ...
東野圭吾『真夏の方程式』 (itchy1976の日記)
真夏の方程式東野 圭吾文藝春秋 今回は、東野圭吾『真夏の方程式』を紹介します。久しぶりのガリレオシリーズですね。ミステリーとしてはあっさり目だとは思いますが、ガリレオ先生と子どものふれあいなんていうのは今までとは違うし、環境と科学技術のつきあい方は福島...
真夏の方程式(東野圭吾) (Bookworm)
面白かった! ・・・んだけど、読み終わった後、重ーい気分がなかなか抜けず;;;読後感は良くなかったです。。。
真夏の方程式 (東野圭吾さんのファンブログ)
東野圭吾さんのガリレオシリーズ第6弾「真夏の方程式」の感想です。美しい海を誇る玻璃ヶ浦で湯川は一人の少年と出会い、交流を深める。一方、同じ宿に宿泊していた元・刑事の塚原の遺体が見つかる。これは事故か殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。...
真夏の方程式 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 「今回のことで君が何らかの答を出せる日まで、私は君と同じ問題を抱え、悩み続けよう。忘れないでほしい。君は一人ぼっちじゃない」  柄崎恭平は小学五年生。彼が博士と ...
真夏の方程式 (どくしょ。るーむ。)
著者:東野 圭吾 出版:文藝春秋 感想: 東野圭吾さんの『真夏の方程式』はガリレオシリーズの新作。 夏休みに親戚の家に遊びに来た少年と知り合った湯川が、殺人事件に遭遇す ...
真夏の方程式 (本読みな暮らし)
今回の舞台は、玻璃ヶ浦という海辺の街。「玻璃」は水晶のことで、太陽に照らされた海の底が、いくつもの水晶が沈んでいるように見えることから、街の名前が付いた。言わばこの海は宝の海。しかしその宝の海を抱くこの街は寂れる一方だ。
東野圭吾 「真夏の方程式」  (こみち)
JUGEMテーマ:読書感想文    ◆ガリレオ シリーズ    今回の事件では、関係者の知られたくない過去と忘れたい出来事が  キーワードになっていました。環境問題のシンポジュームに参加した  元刑事...
『真夏の方程式』 東野圭吾 (【徒然なるままに・・・】)
夏休みを一人で玻璃ヶ浦にある親戚が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平は、電車の中で湯川と知り合う。湯川は海底鉱物資源開発を進める会社に頼まれ、地元との説明会に参加するため同じ電車に乗り合わせていたのだ。そして恭平と同じ旅館に泊まることを決めた。...