笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

綿矢さんの短編を

2015年11月11日 | 小説
小説「憤死」を読みました。

著者は 綿矢 りさ

今まで読んだ作品、ヒットの綿矢作品
今作は4つの短編ということで

完全に独立した作品で
「おとな」「トイレの懺悔室」「憤死」「人生ゲーム」

今作も差はあるが、どれも楽しめたかな
短編ということで、ちと物足りなさはあったけど・・・

特に「憤死」は綿矢さんらしい、作風というか
ユーモア性を感じながら文学性もありと 憤死をテーマにするとは笑

後、「人生ゲーム」も楽しかったけど
これは新しい作風というか、世にも奇妙な を彷彿しさせるストーリーで!

その他の作品も総じて、ちょっと不思議というか不気味なホラー要素がありと
なかなかなかった感じの作品が多かったかな

とはいえ、しっかりと読ませるのは流石

私的評価:3+
    今まで読んだ感じの方が好きだけど
    やっぱり彼女ならではの良さがあるというか

今度はやっぱり長編を読んでみようかしら


それでは、また




『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潜入捜査官の苦悩 | トップ | もちろん行きました、TIFF »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL