笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

DNAをめぐる・・・

2011年07月05日 | 小説
小説「プラチナデータ」を読みました。

著者は 東野 圭吾

DNAと殺人をめぐるミステリー
ある種 SFといえる感じで

管理社会の怖さがありました

とはいえ、今作はエンターテイメント作品ですね
飽きることなく 最後まで一気に

深さはそれほどなく
単純に楽しめますね

そこまで 意外性がないのが 残念かな
もうひとつ何かあればなぁと

東野作品としては
人間ドラマ、トリックが弱かったかなぁと

相変わらずの 読みやすさは健在です

私的評価:4
    東野圭吾にしては ちょっとでしたね
    とはいえ、一定の水準はありました

にしても 東野圭吾は幅が広いなぁと
そして 大きくはずさないのも流石です


それでは、また
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映像でシェイクスピアを | トップ | きました、新曲!! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
mahirose cafe (mahirose)
2011-07-17 00:20:16
TBありがとうございました。
この作品も悪くはないのですが、東野さんのほかの作品がいいので見劣りしてしまいますよね。
mahiroseさんへ (リバー)
2011-07-17 01:05:25
コメント ありがとうございます。

たしかに 単純に楽しめましたが
今までの作品と比べると・・・

人気作家ならではですね
こんばんは (kazu)
2012-02-21 23:57:26
少し軽めの感がありましたが
楽しめました。
先が気になり
一日で読んでしまいました。
読みやすかったですね。
kazuさんへ (リバー)
2012-02-22 00:08:59
コメント ありがとうございます。

東野作品は なんだかんだで一定の面白さがあり
読みやすく引き込まれますよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『プラチナデータ』 東野圭吾・著 | 新しさと美しさに満足です (23:30の雑記帳)
東野圭吾作品がなぜかくも人気があるかというともちろん面白いからに決まっているからだが、もうちょっと細かくいえば、人間という生き物のしょうもなさを肯定的に描いているから ...
プラチナデータ (東野圭吾さんのファンブログ)
東野圭吾さんの「プラチナデータ」の感想です。DNA捜査システムで飛躍的に検挙率が上がる中、DNA捜査を嘲笑うかのような事件が発生する。そんな中、システム開発者が何者かに殺される・・・。...
プラチナデータ*東野圭吾 (+++ こんな一冊 +++)
プラチナデータ(2010/07/01)東野 圭吾商品詳細を見る 犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め...
『プラチナデータ』東野圭吾 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「プラチナデータ」東野圭吾 幻冬舎 2010年(初出パピルスに加筆訂正) DNAデータの蓄積より新しいDNA捜査が行われる近未来。完璧な捜査が可能なはずなのに、それをかいくぐるNF13・・・平行して殺害されるそのシステムを作った者・・・捜査関係者は精神を病んで・・・...
◆プラチナデータ◆ (のんびり。)
プラチナデータ作者: 東野 圭吾出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/07メディア: 単行本 毛髪、血液、唾液、汗、粘膜、皮脂、耳垢などから、 採取したDNAをプロファイリングすると、 性別、年齢、血液型、身長、体質、 足のサイズ、肌の色、顔の形、 歯の特徴、体毛の...
プラチナデータ / 東野圭吾 (勝手に書評)
タイトル : プラチナデータ 著者 : 東野圭吾 出版社 : 幻冬舎 ---感想--- DNAデータが国家に登録され、犯罪捜査に使われるようになっている時代・・・と言うと、凄い未来のような話ですが、物語の描写的には、今とほぼ同じ時代であるかのように描かれています。...
「プラチナデータ」東野圭吾 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。犯人はこ...
東野圭吾『プラチナデータ』 (itchy1976の日記)
プラチナデータ東野 圭吾幻冬舎 今回は、東野圭吾『プラチナデータ』を紹介します。まあ、それなりに面白かったですけど、自分の心に印象深く読んだ印象が残っているかといえば違うかもしれないね。近未来の管理社会についてかかれてあったんだろうけど、管理される側に....
プラチナデータ 東野 圭吾  (花ごよみ)
DNA捜査が行われることになった近未来、 犯罪に巻き込まれることになった 警視庁特殊捜査機関の科学者、 その科学者を追う刑事。 面白かったです。 追跡する側、逃げる側、 けっこう緊張感があって 先が気になって読むのを 止められません。 図書館で借りてきて そ....