笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

ノンストップ娯楽大作!

2013年08月03日 | 小説
小説「ジェノサイド」を読みました。

著者は 高野 和明

いや~ これは面白かった!
まさにエンタテイメント大作といった感じで

けっこうな文量 大作ながら
最後まで一気に、ダレルことなく読ませますね

父の遺言から巻き込まれる学生の奮闘、そして 製薬作り
コンゴのジャングルで暗殺計画を依頼された傭兵チームたち
アメリカ政府たちの決断

これら3つのストーリーが同時に描かれ
それらが絡み合っていくという構成

まったく関係ないと思っていた話が!

ミステリーというよりかサスペンス、アクションというか
SFの要素も強くあり

まさにエンタテイメント!

ツッコミする暇もないぐらい グイグイと引込まれ
最後まで圧倒されて読めましたね

私的評価:5
    スケールの大きい まさに娯楽大作でした
    映像化で見たい気持ちもあるけど これは大変そう 笑

予想以上に面白くて、満足でした!


それでは、また






『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 殺人を犯したけれど・・・ | トップ | ラングストンの決断と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ジェノサイド (Akira's VOICE)
高野和明 著 
高野和明 『ジェノサイド』 人類滅亡の危機を救うのは最強国アメリカか?超大型のバイオレンスSF (日記風雑読書きなぐり)
冤罪の死刑囚を取り上げた『13階段』が記憶に残る作品だったが、まさか高野和明がこれほどの大型エンタテインメントを書けるとは思わなかった。うっとうしいこの夏のひととき地球規模で繰り広げられる恐怖と冒険の物語に度肝を抜かれて絶好の暑気払いをしよう。
【ジェノサイド】高野和明 (こんな本を読んだ)
書店で山積みになっているのを見かけ、気になって手に取った一冊。 フレデリック・フォーサイスもののような雰囲気が漂う作品で、最後まで一気に読んでしまった。 物語は、アメリカと日本、そしてコンゴとで展開される。 イエーガーは元米軍人で、今は民間軍事会社に勤...
本 「ジェノサイド」 (はらやんの映画徒然草)
昨年の「このミステリーがすごい!」の国内編で第1位をとった高野和明さんの作品です
「ジェノサイド」感想 (ポコアポコヤ)
ちょっと難しく感じられて、読むのが大変でした。3つ★
“ジェノサイド” 高野和明 (“寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題)
ジェノサイド 高野 和明 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日:2011-03-30 ブクログでレビューを見る» あらすじ     *** 公式HPより *** 急死したはずの父親からおくられてきた一通の...
「ジェノサイド」高野和明 (りゅうちゃん別館)
「13階段」で知られる高野和明。日本とアフリカで展開するスケールの大きい作品。 2012年本屋大賞2位。    【送料無料】《本屋大賞2012 ノミネート作品》ジェノサイド [ 高野和明 ]価格:1,890円(税込、送料込) 主人公は大学院生2年の研人。 大学教授の父親...