笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

江戸にて暮らす、その人生

2015年05月15日 | 2015年 映画 レビュー
11日のことですが、映画「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」を鑑賞しました。

江戸時代、頑固で偏屈ながら大胆な作風で一世を風靡した浮世絵師・葛飾北斎
父 北斎の浮世絵制作を陰で支える娘 お栄(後の葛飾応為)を軸に、北斎親子と絵師の交流や江戸に生きる町人たちの人間模様を

原 恵一監督のアニメ映画

前作は実写を撮ったりしましたが
やはり原監督はクレしんだったり、カラフルとアニメ監督ですからね

本作はお江戸が舞台、さらに絵 浮世絵がテーマとなり

その特殊性、また 江戸をアニメで描いていくという
やはり ただのアニメ作品にはしないなぁと

正直 知らなかった、北斎の娘 お栄の存在
お栄と仲間たちの交流、父親との関係など魅せてくれ

そして盲目の妹とのエピソードがドラマを深めているなぁと

また、オバケやモノノケという要素も入りながら
そこはアニメらしい描写があり良いね

全体としては エピソードの積み重ねといった感じで
これといった大きな事件やストーリーはなく・・・

盛り上がりも少なく 淡々と展開していき、その辺に物足りなさも感じるけど

とはいえ、この普通さというか 派手さはないが沁みる 原監督らしく
大人の鑑賞に堪える良質なアニメですね

パンフレット:850円
      内容はしっかりとあり、作りもしっかりと
      レビューがないのは残念か

私的評価:3+
    原さんのクオリティはあったけど・・・
    やはり カラフルやクゥと比べると下がるかなぁと

漫画原作があるそうで、気になりますね


それでは、また



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察学校、ここにて | トップ | 騙しと恋と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
百日紅~Miss HOKUSAI~ (佐藤秀の徒然幻視録)
赤い色で想像力が羽ばたく 公式サイト。杉浦日向子原作、原恵一監督。(声)杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、筒井道隆、麻生久美子、立川談春、入野自由、矢島晶子 ...
『百日紅~Miss HOKUSAI~』 (beatitude)
活気溢れる江戸の街。両国橋の夏の昼日向をまっすぐ歩いてくる意志の強そうな女、お栄(声:杏)は23歳の浮世絵師。移りゆく四季と共に、父であり師匠の葛飾北斎(声:松重豊)や仲間たちと浮世絵を描いて暮らす日々。そして、今日もまた浮世の街を歩いてゆく…&...
『百日紅 Miss HOKUSAI』 (時間の無駄と言わないで)
んー、何の盛り上がりもなかったなぁ。 ストーリーは始終淡々と進むし、絵が凄い綺麗だとか動画が半端ないとかいうワケでもない。 コンパクトな起承転結があって暗転、そしてま ...
『百日紅』をテアトル新宿で観て、ああ普通だなあ。他の人のように後から染みんなあふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★普通に通りすぎた】 山場の設定もなく淡々と進む。 映画館の椅子に拘束されている時間が退屈な訳ではないが、 強いエモーションを感じなかった。 後からじ ...
百日紅~Miss HOKUSAI~ (映画好きパパの鑑賞日記)
 実在した葛飾北斎の娘お栄を主人公に、江戸末期の生活を淡々と描いたアニメ作品。起伏はないし、短編集という感じで、みている最中はあまり評価できなかったのだけど、終わってみるとどこか心に引っかかる作品です。  作品情報 2015年日本映画 監督:原恵一 声の出...
映画・百日紅~Miss HOKUSAI~ (読書と映画とガーデニング)
2015年 日本 原作は故・杉浦日向子さん「百日紅」マンサンコミックス(一)~(三)は宝物でございますNHK「コメディお江戸でござる」で杉浦さんが語る江戸の風習や庶民の生活などが毎週楽しみでした♪逝去されてから早10年になるのですね… 23歳の...
地味~だけどあとからジワジワくる感じ?~「百日紅」~ (ペパーミントの魔術師)
映画と全然関係ないツッコミですが、眉毛濃すぎるやろ~~~!(;´∀`) 江戸時代を描いたアニメ映画ってあまりなかったろうから、 ある意味斬新なんだろうね。浮世絵が動くってのも面白いなって予告では思ったんだけど。 葛飾北斎の生涯を描いたとしてもかなり地味...
『百日紅~Miss HOKUSAI~』 (こねたみっくす)
百日紅よりも短い人生。それは儚いのか、それとも愛おしいのか。 葛飾北斎の三女にて後に葛飾応為として多くの美人画を描いたお栄。彼女の人生が江戸後期の生活模様・人間模様・ ...
ショートレビュー「百日紅~Miss HOKUSAI~・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
画狂娘の青春。 江戸の下町で、葛飾北斎の代筆をしている娘のお栄が、春夏秋冬を経て独自の画風を持つ絵師・葛飾応為となるまでの物語。 一昨年、昭和の邦画黄金期を代表する巨匠、木下惠介監督をトリビュートした「はじまりのみち」で、実写映画へと進出した原恵一監...
百日紅 (映画的・絵画的・音楽的)
 『百日紅―Miss HOKUSAI―』をTOHOシネマズ日本橋で見ました。 (1)本作の評判が良さそうで、かつまだ行ったことのない映画館(注1)を覗いてみようかという気もあって、日本橋まで足を伸ばしてみました。  本作(注2)は、杉浦日向子の原作マンガをアニメ化したもの...
百日紅~Miss HOKUSAI~ (いやいやえん)
【概略】 葛飾北斎の娘で、恋に不器用な浮世絵師のお栄と、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎなど、喜怒哀楽が満ち溢れる江戸の街で暮らす人々の姿を、四季の風景と共に描き出す。 アニメーション 中学生時代、美術部だった私は、浮世絵…いや北斎の世界にはまって...
百日紅~Miss HOKUSAI~ (銀幕大帝α)
2015年 日本 90分 時代劇/ドラマ 劇場公開(2015/05/09) 監督: 原恵一 『カラフル』 原作: 杉浦日向子『百日紅』 主題歌: 椎名林檎『最果てが見たい』 声の出演: 杏:お栄 松重豊:葛飾北斎 濱田岳:池田善次郎 高良健吾:歌川国直 美保純:こと 清水詩音...
百日紅~Miss HOKUSAI~ (2015) (のほほん便り)
かなり賛否両論だったみたいですが、杉浦日向子ワールドへの愛とリスペペクトを感じる、良い作品だったと感じました。江戸の空気と、四季のうつろい。その傍らで、怪奇ワールドや......
「百日紅~Miss HOKUSAI」 (或る日の出来事)
妹との絆(きずな)がいい。