笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

結婚式やら葬式やら・・・

2013年07月02日 | 小説
小説「婚礼、葬礼、その他」を読みました。

著者は 津村 記久子

まさに題名通り、結婚式に葬式に振り回される主人公
そこに見える人間模様、礼式というもの・・・

文学らしいさもありつつ 読みやすく

ユニークさ 楽しく読めて
著者らしい味わいを感じられて

やはり良いなぁと

もう1編の「冷たい十字路」もユニークさは薄いですが
それぞれの視点から見せていく構成が好みで

そこから見せる現代の人間たち
まさに冷たい・・・?

2編どちらも良かったですね

私的評価:5
    面白さと深みとがあり好みでした
    著者の前回読んだ作品よりも かなり好みでした

本作も芥川賞ノミネート作品ということで
純文学にしては ホント読みやすかったですね


それでは、また




『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガリレオ、シーズン2 | トップ | 怪物になるのは、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
婚礼、葬礼、その他 (Catch of the Day)
婚礼、葬礼、その他津村 記久子文藝春秋このアイテムの詳細を見る 表題作と「冷たい十字路」2つの短編がおさめられている。「婚礼、葬礼、その他」は、若いOLの物語。大事な友人の結婚式の出席中に会社の上司の父親のお葬式の手伝い(見たこともない爺さ...