笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

医療行政の実態

2011年04月28日 | 小説
小説「イノセント・ゲリラの祝祭」を読みました。

著書は 海堂 尊

おなじみの田口・白鳥シリーズ第4弾
今回は医療行政がテーマで

ちょっと 小難しいテーマながらも
しっかりと エンタメ作品として読めるから流石です

どこまで 本当なの?と思わせるほどの
医療行政の実態・・・

厚生労働省、法医学の病理学、解剖とAiなど
なかなか興味深かったです

バチスタような推理ミステリ要素はなく
会議室での議論、論理戦

テーマ性が強く
なかなか考えさせられます

しかし、最後まで飽きることなく読ませますね

登場人物のキャラや過去作品との関連などもあり
巧いなぁと

私的評価:3+
    この題材ながら 読みやすくて良い
    ジェネラル・ルージュほどではないが、それに次 好きかも


それでは、また



『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前作以上に | トップ | 出会い、結ばれ、別れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『イノセント・ゲリラの祝祭』/海堂尊 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
あの【バチスタ・スキャンダル】から、2年後。 厚生労働省の規格外役人・ロジカルモンスター・火喰い鳥の・白鳥のあからさまな要請にハメられ、「医療関連死モデル事業特別分科会」に招聘されたアンラッキー中年の田口センセは、厚生労働省及び官僚の方針、医療界内の対...
『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂尊 (【徒然なるままに・・・】)
<田口・白鳥シリーズ>の4作目。こちらも放ったらかしにしておいたら文庫になってしまいました。 おまけに短編『東京二十三区内外殺人事件』を組み込んだ全面改稿版、ということでちょっと悩んだんですが、まあこちらが決定版だろうと文庫版でチャレンジ。 最近こうい...
イノセント・ゲリラの祝祭 (Yuhiの読書日記+α)
海堂尊著「イノセント・ゲリラの祝祭」を読了しましたー。「チーム・バチスタの栄光」に始まる田口&白鳥シリーズの本編4作目です。 でも、間に色んな外伝(?)を読んだので、本編ではまだ4作目だとは、ちょっと信じられない気がします。それくらい、もう海堂ワールド....
海堂尊『イノセントゲリラの祝祭』 (itchy1976の日記)
イノセント・ゲリラの祝祭海堂 尊宝島社このアイテムの詳細を見る 今回は、海堂尊『イノセントゲリラの祝祭』を紹介します。今回は田口・白鳥コンビの第4作目です。ストーリーのほとんどがが厚生労働省の会議室で展開されます。八神課長や彦根や西郷など今回も面白いキャ...
「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊 (しんちゃんの買い物帳)
イノセント・ゲリラの祝祭(2008/11/07)海堂 尊商品詳細を見る 東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長からの呼び出しを受けていた。高階病院長の“さ...
○読書記録○ 「イノセント・ゲリラの祝祭」 海堂尊 (The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから )
さて、いよいよ「イノセント・ゲリラ」です。
「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊 (ナナメモ)
イノセント・ゲリラの祝祭 海堂 尊 JUGEMテーマ:読書 高階院長の依頼により厚労省の会議に出席することになった田口。依頼したのは白鳥。行き先は白鳥の本丸・医療事故調査委員会。さまざまな思惑が飛び交う会議に出席した田口は、グズグズの医療行政の現実を知る...
イノセント・ゲリラの祝祭(海堂尊) (Bookworm)
・・・イマイチ。