笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

秘められた リドルストーリー

2011年02月17日 | 小説
小説「追想五断章」を読みました。

著書は 米澤 穂信

5つのリドルストーリーを探す依頼を受けた古書店アルバイトの芳光
その小説の著者の過去が関わっていき・・・

これは 面白かった
まず 設定がなかなか凝っていて 好みでした

いったい何故 この小説を残したのか、著者の過去の事件の真相は・・・
なかなか引き込まれて

5つの小説自体も クセがありますが
不気味さがイイですね

静かに 進んでいきますが
良く出来たストーリーでした

私的評価:4+
    プロットが新しく感じました
    雰囲気がなんともいえぬ感じがします

今まで読んだ 米澤さんの中では1番好きですね
古典部も良いですけどね


それだは、また
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラミー賞結果を | トップ | 聴こう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『追想五断章』/米澤穂信 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
父の死により学費が捻出できなくなり休学、古書店を営む叔父の家で仕事を手伝いながら漫然と同居していた菅生芳光はある日、「亡父の遺稿を探して欲しい」という依頼を受ける。依頼人・北里可南子の父は、生前に結末を伏せた〈リドル・ストーリー〉というスタイルの小説を...
「追想五断章」米澤穂信 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探していた。調査を続けるうち芳光は、未解決のままに終わった事件“アントワープの銃...
追想五断章/米澤 穂信 (日々の記録)
米澤穂信さんの「追想五断章」を読み終えました。 父親が亡くなり学資が途絶えた菅生芳光は、古本屋を営む伯父の家に居候して東京にすがりつくように生きています。そんなある日、1人の女性が古本屋に訪れ...
「追想五断章」米澤 穂信★★★半☆ (藍麦のああなんだかなぁ)
「追想五断章」米澤 穂信集英社 ISBN:978-4-08-771304-6 「
『追想五断章』  米澤穂信  集英社 (アン・バランス・ダイアリー)
物語の結末をわざと伏せて読者の想像にまかせる小説、リドルストーリー。 古書店員の菅生芳光は、ある女性から亡くなった父が生前に書いた5つのリドルストーリーを探してほし ...
「追想五断章」米澤穂信 (しんちゃんの買い物帳)
追想五断章(2009/08)米澤 穂信商品詳細を見る 主人公は、菅生芳光。伯父の古書店で居候しながらアルバイトをしている。店主の菅生広一郎は、甥の芳光よりもアルバイトの笙子に仕事を教えた。芳光はそのことで...
追想五断章 (どくしょ。るーむ。)
著者:米澤 穂信 出版:集英社 感想: 米沢穂信さんの『追想五断章』、めちゃくちゃ待たされましたが待った甲斐があって会心の面白さでした。 5つのリドルストーリー(結末のない小 ...
米澤穂信/「追想五断章」/集英社刊 (ミステリ読書録)
米澤穂信さんの「追想五断章」。 平成四年。武蔵野の小さな古書店・菅生書店の居候兼アルバイトの芳光は、高額の報酬に惹かれて、 伯父である店主には内緒で、ある女性客から個人的な依頼を請け負う。依頼人の北里可南子は、 亡くなった父が生前に書いた五編の小説...
追想五断章(米澤穂信) (Bookworm)
かなり”楽しく”、というと語弊がありそうだけど、読み応えのある読書だった。 ・・・と記憶してるんだけど、こうやって感想を書こうとすると何にも浮ばないのは、な~ぜ~?うーん。それなりにインパクトのある内容だったと思うんだけど、思い返すとそこまでは無かった...
「追想五断章」米澤穂信 (たちばな屋・ミステリ分科会)
米澤穂信は、やっぱり、いい。 五つの?リドル・ストーリー?謎の物語が、作品に織り込まれた「追想五断章」。
(書評)追想五断章 (新・たこの感想文)
著者:米澤穂信 追想五断章(2009/08/26)米澤 穂信商品詳細を見る 伯父の経営する古書店でバイトをする芳光は、その店を訪れた女性・北里可南子の依頼により、彼女の父の残した小説を探す。依頼人の父の...
米澤穂信『追想五断章』 (itchy1976の日記)
追想五断章米澤 穂信集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、米澤穂信『追想五断章』を紹介します。古本屋でアルバイトをしている大学生である菅生芳光は、報酬に惹かれて北里可南子の依頼を引き受ける。その依頼は、亡くなった父である北里参吾が生涯書いた5つの小説(...
『追想五断章』 米澤 穂信 (HappyFlowerPopの読書日記)
追想五断章(2009/08/26)米澤 穂信商品詳細を見る 古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小...
「追想五断章」米澤穂信 (しんちゃんの買い物帳)
追想五断章(2009/08)米澤 穂信商品詳細を見る 主人公は、菅生芳光。伯父の古書店で居候しながらアルバイトをしている。店主の菅生広一郎は、甥の芳光よりもアルバイトの笙子に仕事を教えた。芳光はそのことで...