中村良一とマカカ・ルーサーズ・バンド

Macaca Rhesus'es Band.(赤毛猿バンド)
ジャズを広めたトラディショナルなジャズマンを紹介します。

Vic Dickenson.

2016-10-12 12:06:38 | ジャズマン紹介
Vic Dickenson.(ヴィク・ディケンソン)、トロンボーン奏者

名盤を紹介します⇒ The Vic Dickenson Showcase.

ジャズ・トロンボーン演奏の第一人者である。
1906年8月6日、オハイオ州ジニア(Xenia)に生まれた。
16歳の頃からローカル・バンドで働き始めた。

1936年~1939年クロード・ホプキンス・バンドに入って注目を集めた。
また、ベニー・カーター、カウント・ベイシー、ホット・リップス・ペイジ、
シドニー・ベシェ、フランキー・ニュートンのバンドを遍歴した。

1947年カリフォルニア巡業中に健康を害し、休養後ボストンを中心に活躍した。
1953年12月、ニューヨークでThe Vic Dickenson Showcase.をレコーディング。
また、Bobby Hackett Quartetで活躍し、レコーディングしている。
1957年、カフェ・メトロポールにJ.C.ヒギンバッサムの後任として活躍した。

1960年代に入ってからピアノのレッド・リチャーズと聖者と罪人(Saints and Sinners)を結成。
1964年3月、エディ・コンドン・オールスターズの一員として来日した。
その後、1984年11月16日、ニューヨークで亡くなりました。


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山傳丸(やまでんまる)砂町... | トップ | ドミノピザ(大島店) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。