MA by So Shi Te 

南青山のインテリアショップ MA by So Shi Te のブログです!
毎日の出来事を綴らせていただきます。

モダン 備前焼 (大江一人さん)

2015-03-02 15:41:24 | 商品
久しぶりのブログになってしまいました。
 皆様いかがお過ごしですか?

2月は毎年暇な月だったのですが、
 今月は春節で観光客が来てくださったり、
 一人でドタバタした1週間でした。

ちょこちょこ新商品も入荷しているので、
 少しずつご紹介させていただきます。

本日ご紹介させていただくのは、
 備前焼の革命児とでもいいましょうか、
 古典的なイメージを打ち破り、
  新しい備前に挑戦する大江一人さんの作品です。

備前は高温で焼きしめられているので丈夫です。
 
でもあまり薄すぎると割れやすくなるので、
 適度な薄さに仕上げて軽さを出しています。



色も土の配合などを考えて、
 綺麗に発色するようにされているそうです。

ですので色味も軽い感じで
 普段使いにも良いですね。

この柔らかい直線が美しいです。
タイトルはシェイプライン フリーカップ

右が2,000円+税
左が3,000円+税


こちらのサンギリ色は
 2,600円+税 です。

 備前焼はビールを美味しくすると言われています。
  泡立ちもきめ細かく、
  実際に飲み比べると美味しいらしいですよ。

 

 花びらのような形をした小さ目のグラス。

 上から見ると

 

 美しいですねぇ。

 3,000円+税

 
 

 小鉢もあります。

 軽やかさがあって良いですね。

 

 こちらは一輪挿しと
  フリーカップ。

  どちらとも 3,800円+税

 つぼみが閉じたようなデザインの下記、
  可愛らしいですね♪

 備前焼の花器は花が長持ちすると言われています。
  実際にお客様にもそのように聞いたことがありますし、
  化学的にも証明されているとか。

 

 曲線の綺麗なマグカップと
  デミタスカップ。

 マグ 3,600円+税
 デミタス 3,000円+税

 
 
 カップ&ソーサーは6,000円+税

 まだまだこれからが楽しみの作家さんです。
 
 これからどのような作品を作ってくださるかが楽しみですね。



 大江一人 (おおえ かずと)

1976年 東京都生まれ

1994年 千葉県立柏陵高等学校卒業

1999年 桑沢デザイン研究所卒業

2006年 愛知県立窯業高等技術専門校修了

2006年~2012年 備前焼六姓窯元「桃蹊堂」
第十七代木村桃山(本名:憲次)氏
第十八代木村桃山(本名:英昭)氏に師事

2012年 栃木県芳賀郡にて独立


賞歴

全陶展 入選

栃木県芸術祭美術展 入選
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 去年の今日 | トップ | 木製のおもちゃ のせっこバス  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

商品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事