釣行記

北陸地方で真鮒釣りを楽しんでいます。
目標だった真鮒の尺半を釣りましたが、こう成ると今度は50上?

釣行記2017年4月18日~19日 絶句!

2017-04-20 21:20:11 | 釣行記
17日には纏まった雨が降り、18日は強風が吹き荒れ、春の嵐の後での釣行でした。
雨の後と言う事で釣り場を何処にするか、散々迷いながらも結局は何時も狙っているポイントに入ります。
が・・・排水の流れが速く、何度か移動しますが尺二寸クラスが1匹上がっただけでした。

日付が替わる前に思い切って迷いながらも敬遠したポイントへと向かいます。
今季初めてでしたし、少し時期が早いのか?と不安でしたが、竿を出して暫くすると対岸の水草の中でハタキが始まります。
最初に型物に後1cm届かない良型が上がると、その後はアタリが続き型物は出ませんでしたが、その内に・・・と期待は十分でした。

3時を過ぎる頃から雨が降り出し、雨雲の動きを見ると4時頃から1時間程は激しく降る予報でした。
その間に少し仮眠を・・・と車に戻ると、激しい雨音と共に雷も鳴り始め、丁度良い時に上がった!とホッとして1時間ほど仮眠をします。
5時前に目が覚めると雨は止んでいて、これから型物が狙える!と釣り座に戻りますが、そこで目にしたのは跡形も無くっていた釣り座付近でした。

突風に煽られパラソル毎釣り台が飛ばされてしまっていました、愕然として暫し眺めていましたが、辛うじて草に引っかかっていた竿と竿掛けだけは回収出来ましたので良しと思うしか有りませんでした。
痛い出費には成りましたが、未だこれから型物が狙えると言うチャンスを前に、スゴスゴと引き上げる事の方がもっと悔やまれますね。


家を出る前から釣り場を何処にするか、散々迷いながら車を走らせます。
ここを曲がれば未だ別の釣り場には行ける・・・と思いながらも、結局は安定を求めて何時ものポイントへ入りました。



一昨日の纏まった雨で流れが速く、短竿では流石に厳しく一度スレアタリが有っただけでした。
結局少しでも流れが緩いポイントへと移動しますが・・・ここでは全く浮きが動かずに、少し流れが緩んできたようでしたので再び元のポイントへ戻ります。



暫くして流れにシモッタ浮きが水中に引き込まれて消えていき、合わせた後の引きは中々のもので、水面に見えた姿に型物も期待しました。
が・・・上がってきたのは40cmには程遠かったものの、お腹がはち切れそうなほど大きな真鮒でした。



でもその一度きりのアタリに、小型もアタラずにこのまま粘っていても厳しいか?・・・と、出掛ける時に迷っていた釣り場に向かい、先ずは腹ごしらえ・・・と夜食を摂ります。


再開したのは日付が替わる寸前でしたが、最初は全く静かだった水面に時々モジリやハタキの水音が聞こえてきます。
でも聞こえてくるのは対岸にある水草に近く、暫くして竿を1尺長くして対岸付近を狙うと・・・



それまで動きが無かった浮きに変化が出てきて、二段に引き込む様なアタリに合わせた後の引きは、重量感溢れるものでした。
手前のヤッカラに駆け込まれそうになりながらも、慎重に玉網に確保して型物を期待しましたが、後1cmほど届きませんでした。



その後に尺クラスのマルタッパヤもアタッてきます。


アタリが出始めると尺そこそこと小型でした、ふっくらし始めた魚体の本命が続けて上がってきます。


二度程大型の鯉がアタリ、姿を見ずにバラシも有りましたが、尺三寸クラスが続き型物の期待が高まります。


が・・・アタッて来るのは尺クラスから尺二寸クラスまでで、中々期待の型物は姿を見せません。



3時を過ぎる頃からポツポツと降り出した雨が、本降りに成ってきてパラソルの下で暫く竿を出していました。


この頃からアタリが有ってもスレなのか、バラシが続き中々大型の姿は出てきません。
少し小止みに成った頃を見計らい、一旦車に戻って休憩を摂り雨雲の動きを調べる事にします。



雨雲は後1時間ほどは本降りの時間も有りそうで、雷も予測される状況に、暫くは仮眠で雨をやり過ごす事にしました。
1時間ほどして目を覚ました時には、雨も殆ど止んでいて、これならこれから型物も狙えると釣り座に戻りますが・・・
目にしたのは跡形も無くなっていた釣り座で、突風が吹きパラソル毎釣り台も吹き飛ばされた後でした。

呆然と暫く立ち尽くしていましたが、辛うじて近くのヤッカラに引っかかっていた竿と竿受けは回収出来、後は諦め切り上げるしか有りませんでした。
釣り台を紛失した悔しさより、目の前でハタク光景を目にしながら、竿を出せない悔しさの方が大きかったですね。

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣行記2017年4月15日~16日 ... | トップ | 釣行記2017年4月19日~20日 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚き! (釣りバカじいじ)
2017-04-21 15:29:32
思わぬ突風の被害にも拘わらず、釣りを続行出来なかったことを悔やむとは・・・
風の強い日のパラソルは自分もいつも不安になる問題ですが、関東では釣り座を離れる時ややもすると道具の盗難など悲しい事件が起こることがあります。仮眠するときに面倒でも竿だけは車にしまいましょう。 翌日もめげずに釣りに行くのは鮒バカだいすけの面目躍如ですね。(笑)
面目躍如!? (真鮒大助)
2017-04-22 16:58:49
じいじさん、こんにちは。
今回は休憩する時には全く風が吹いていませんでしたので、油断が有ったのかも知れませんね。

急な突風が吹いたのでしょうが、備えが疎かだったのは間違いないでようから、これからは十分に気を付けたいですね。

竿ケースだけは休憩をする時には車には運んではいますが、出している竿も面倒でも仕舞って置く方が良いかも知れませんね。

道具は痛い出費には成りますが、チャンスは二度と巡ってこないかもしれませんので、その方が悔しかったですね。

追伸
本日リベンジに出掛け、何と!失くしたはずのへら台が回収出来ました。
これも釣りの神様が助けてくれたのかも知れませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。