釣行記

北陸地方で真鮒釣りを楽しんでいます。
目標だった真鮒の尺半を釣りましたが、こう成ると今度は50上?

釣行記2016年10月5日 台風の前に

2016-10-08 20:29:51 | 釣行記
今夜から台風の接近で荒れ模様と言う事でしたので、その前に竿を出したいとナイターから始めました。
矢張りナイターでは小型が多く、浮きは動くもののジャミや超小型のアタリなのか中々ハリ掛かりしませんでした。
その内に夜が明けると今度はそれまでとは違い、小型の姿は無く尺上オンリーに成り、型物も交じり3時前に雨が降り出すまで粘りました。
結局何度か移動をしましたが、型物は3枚と暫く振りに型物が複数出て、尺上もナイターを含めると20匹を超えそこそこ満足出来た釣行と言えそうです。


少しでも長く竿を出したいと、久し振りにナイターで始めました。


直ぐに浮きが動きますが、モヤモヤした触りだけでも暫くして尺クラスが上がってきて、その後も相変わらずの小型が中心でした。


他にはモヤモヤするだけで中々喰いアタリが出ませんでしたが、漸くハリ掛かりしてきたのは超小型のマルタッパヤでした。


段々と周りが明るく成り始めますが、尺クラスが最大で後は10cmほどの小型だけでした。


すっかり明るさを増してきた頃には、曇ってはいても結構な冷え込みでした。
明るくなるとそれまで忙しなく動いていた浮きもウソの様に大人しくなって仕舞います。
6時前にポイントを移動して朝の地合いに期待をして再開すると・・・



再開して数投目に気持ちの良いアタリで手応えは十分でした。
感触は型物クラスか?思っていると、上がってきたのはギリギリでしたが40㎝に届き、幸先の良いスタートでした。



その後も尺一寸クラスがポツポツと上がってくるようになります。


少し間をおいてから2枚目の型物を期待する良型でしたが、後少し40㎝に届きませんでもこの後に期待が出来る・・・と思っていると、今度は余裕で40㎝を超える二枚目の型物も続きます。
型物の後にも尺一寸クラスが続き、今日は未だ出るかもしれない?と3枚目を期待していました。



その期待を裏切りませんで、数投後には41cmを超える型物も上がり、暫くして尺三寸近い良型も続きます。


この後は地合いが去ったのかアタリが途切れ、朝食後は最初のポイントへ戻り再開します。


再開後も数投目にアタリが有り尺二寸クラスが上がってきて、この後にも期待をしましたが・・・


1匹だけで終わってしまい、ならば・・・と竿を13尺に替え対岸辺地寄りを狙ってみると・・・


最初のアタリは底でバラして仕舞いますが、暫くして尺二寸クラスが続けて上がってきます。


辛抱して粘るか?それとも移動しようかと迷っていましたが、結局アタリが戻りませんでもう一度動く事にします。


移動した後は尺二寸クラスが中心に上がってきて、移動して良かった!と思っていました。


モヤモヤした触りからチク!と入る最高のアタリでしたが、姿を見せたのは久し振りの亀でした。


その後尺クラスの小型が1匹きただけでアタリが無くなり、遅くなりましたが昼にする事にします。


少しは床休めに成ったのか?と期待をして再開すると・・・


直ぐに尺一寸クラスが上がってきて、この後に期待をしましたが・・・


アタリが無いまま時間が過ぎ、小雨が落ちてきて少しは好転するのを期待します。


尺二寸クラスが漸く上がってきて、これから・・・と期待をしますが、雨粒が大きくなってきて風も出てきて、大荒れになる前にと切り上げました。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣行記2016年10月3日 少し期... | トップ | 釣行記2016年10月7日 久し振... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。