釣行記

北陸地方で真鮒釣りを楽しんでいます。
目標だった真鮒の尺半を釣りましたが、こう成ると今度は50上?

2016年9月16日~17日 ナイターは小型祭り?

2016-09-19 22:47:06 | 釣行記
前回は久し振りに日中の釣行でしたが、今回は同じポイントでのナイターでした。
最初に型物が出てその後にも期待をしましたが、その後は10㎝以下の超小型が多く、中には今年生まれ?かと思う程の小型も交じりました。
その内にと思いながら続けましたが、最後まで小型が中心で型物の期待も遠いだろうと早上がりでした。


本流はと言えば潮回りが悪く、水位も低い状況に前回と同じポイントでナイターを・・・と向かいます。


殆ど流れの無い状態でバランスで始めると、暫くしてモヤモヤした浮きが小さく抑え込まれ、合わせた後の引きがそれほど強く有りませんでした。
が・・・その内に中々弱らない引きに、少しは良型かも?と思いながら竿を捌いていると、水面に見えた姿は結構な大きさで、玉網に確保すると40㎝ギリギリでしたが行き成りの型物でした。



最初に型物が上がり気を良くしていると、ポツポツとアタリが出る様になりますが、中々ハリ掛かりしませんで、ジャミでも寄ってきたのかと思っていました。
その内にハリ掛かりするようになりますが、掌にすっぽりと収まってしまいそうな小鯉交じりで小型が上がってきます。



小型が中心でもその内に良型が寄ってくれば・・・と思っていましたが、尺二寸クラスが上がりこれで続いてくれればと思いましたが・・・


振り込む度にアタリは有り、空振りも有りましたが掌サイズから段々と小さく成り、今年生まれでは?と思う様な小型に成って仕舞いました。


余りにも小型が連続して、一旦床休めでポイントを休ませようと夜食にします。
前回今回と型物が出ていましたのでお祝いに富山ブラックラーメンでした。
日付が替わり再開後には少しは小型の猛攻も収まっているかと期待をしましたが・・・



再開後最初に上がってきたのは尺一寸ほどでしたが、可成りの大型に思えてしまいます。


その後はモヤモヤした触りは続いていましたが、ハッキリとしたアタリには繋がりませんで、相変わらずの小型がポツポツと上がるだけでした。


偶にはっきりとしたアタリで上がってくるのはマルタッパヤでした。


餌も最後と成りこれで駄目なら諦めようと思っていると、上がってきたのは10cmにも満たない超小型で、これではこれ以上粘ってもだれだろうと諦める事にします。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣行記2016年9月15日 久々の... | トップ | 釣行記2016年9月17日 ナイタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。