釣行記

北陸地方で真鮒釣りを楽しんでいます。
目標だった真鮒の尺半を釣りましたが、こう成ると今度は50上?

釣行記2016年10月12日 リベンジ釣行

2016-10-13 21:02:03 | 釣行記
前回は思いも拠らずにオデコを凝ってしまい、こんな筈では?と首を傾げてしまいました。
一日置いて今日ならば・・・とリベンジしなけばと出掛けました。

晴れていてナイターでは今季初めて最低気温が10度を切り、6度程まで下がり本格的に冬支度をするようですね。
ナイターで暫くして尺二寸クラスが上がり、何とは型は見れた!とホッとしました。
が・・・その後は浮きは振り込む度に動きますが、中々喰いアタリが出ませんで周りが明るく成る頃までに小型が数匹出ただけでした。
日中に成るとそれまでとは違い、型物交じりで数は少なくても尺上が揃いました。
型物が4枚出れば、前回のリベンジは果たせたと言えそうです。


前回は冷たい雨の影響も有って、思いも拠らずにオデコに成って仕舞い、そのリベンジを・・・と気合が入り4時前から竿を出します。


暫くして最初のアタリで尺二寸クラスが上がり、型は見られたとホッとします。


その後も振り込む度に浮きはモヤモヤと動きますが、中々ハリ掛かりしませんで上がってきたのは小型の鯉を含んでも、4匹しか出ませんでした。


モヤモヤした触りから小さく押さえるアタリに上がってきたのは、モクズガニでした。


周りが明るく成り始めた頃に漸く出たアタリも、マルタッパヤで本命のアタリでは有りませんでした。


周りが白みかけてきた頃には、7℃を切り今季最低気温に成っていましたが、この頃に排水が掛かりオモリを増やして対応をします。


それでも中々アタリが出ませんで、漸くアタリが出てきたのは7時を過ぎてからでした。


1匹出てきましたので一安心と、一度朝食を摂る事にして床休めに成ったか?と再開しますが、釣り座に戻った時には未だ緩い流れが残っていました。


それでも再開後直ぐにアタリが出て、型物が今回も出て先日のリベンジを果たしたと言えるかもしれません。
型物が上がり気持ちの余裕が出てきましたが、続くアタリでも型物が上がり、型物の連荘でした。



少し時間が空きましたが、尺二寸クラスが続きこの後に期待をしますが、数匹で止まってしまいます。


その後も1時間ほど経った頃にアタリが戻り、尺二寸前後がパタパタと上がってきては・・・又アタリが止まってしまいます。


小さな群れが通るのか、アタリが途切れても再びアタリが出て、今度も型物が2枚続き、更に出るのかと期待をしますが・・・


朝方の晴天が嘘の様に曇ってきて、小雨がパラ付き始め、そろそろ上がりか?と思っていると・・・


残り少ない餌に尺一寸クラスが上がってきたのを機会に、明日又出直す事にして切り上ます。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣行記2016年10月10日 まさか? | トップ | 釣行記2016年10月13日 リベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。