釣行記

北陸地方で真鮒釣りを楽しんでいます。
目標だった真鮒の尺半を釣りましたが、こう成ると今度は50上?

釣行記2016年12月19日 型物は出ませんでしたが

2016-12-20 21:45:19 | 釣行記
今日は久し振りに一日穏やかな陽気と言う事で、幾らか期待をして出掛けました。
午前中は期待に反してアタリが少なく、偶に有る良い引きも大型の鯉と言う事が有り、型物も出ず数も出ませんで何で?と首を捻っていました。
それでも午後に成ると、アタリが続く時間も有り、16時頃に上がるまでポツポツとアタリが出てきました。
型物が出なかったのは残念ですが、久し振りにアタリを楽しめたと思えば良いのかも知れませんね。


昨日は一日雨も振りませんで、今日は水位も安定しているだろうと期待をして出掛けます。


丁度立山連峰から朝日が昇るところで、何時見ても神々しささえ感じるほどです。


竿を出したのは8時前でしたが、緩い排水の流れが有りオモリベタで始めます。


暫くして最初のアタリが有り、初めは期待十分でしたが・・・その内に本命では無いと感じました。
矢張り水面に見えた姿は二尺クラスの鯉で、暫く遣り取りの末玉網に確保します。
このクラスなら何とかなりますが、今日ははこれ以上の大型が何度も掛かり、とても上げられませんでした。



この頃でも5度程と、それ程の冷え込みも無く朝の地合いに期待をしていましたが・・・


暫くして35cmクラスが上がり、尺二寸上の良型が続き、これからかと期待をしましたが・・・


大型の鯉が掛かり見えた姿は70~80cmと、とても確保出来そうにも有りませんで、その内に空バリが掛かっていても咥えたハリスを切って去っていきました。


鯉で場荒れをしたかと思っていましたが、再び35cmクラスが上がりアタリが続くのを期待します。


対岸に陽が当たる様になって、その反射で浮きが見え難い時間でしたが・・・


アタリが出るもののマルタッパヤだったり、又も大型の鯉が掛かり暫く強烈な引きに耐えていましたが、最後はハリスを飛ばされてしまいます。


尺二寸クラスの本命が追加出来たのは、1時間以上経ってからでした。


漸く出た本命のアタリに継ぎを期待をしますが、次のアタリは又大型の鯉で、今度もハリスを切って行ってしまいます。


これだけ穏やかな陽気で何でアタリが続かないのだろう?と、ジレッタイ思いでした。
漸く上がった本命でしたが、それも続きませんで1時間ほど経ってポツンと追加をしただけでした。



結局12時を回り昼食の後に期待をして、再開します。


再開後も暫くはアタリが出ませんでしたが、13時を回ってから尺二寸クラスが続く様になり・・・


尺三寸クラスには届きませんが、38cm程の良型も交じる様になります。


15時近くに成って残り時間が気に成りますが・・・


上がってくるのは活性が上がってきたマルタッパヤばかりでした。


残った餌も少なくなってきて、今日はこのまま終わってしまうのか?と思っていましたが・・・
35cmクラスが上がると、尺一寸クラスが続きます。



餌も残り数投に成って、最後の期待をしていましたが、尺クラスのマルタッパヤが上がってきたところで餌切れでした。


帰りには夕映えも鮮やかな立山連峰を暫く眺めてから帰宅しました。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣行記2016年12月17日 煩悩... | トップ | 釣行記2016年12月21日 冬至? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釣行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。