釣行記

北陸地方で真鮒釣りを楽しんでいます。
目標だった真鮒の尺半を釣りましたが、こう成ると今度は50上?

釣行記2017年7月8日 連荘で

2017-07-11 15:38:06 | 釣行記
昨日は本流でアタリが少なく期待外れに終わっていましたので、月初めの豪雨の前まで狙っていた小河川に暫く振りで出掛けました。
着いてみると意外なほど水が濁っていて、上流で雷雨でも有った様な濁り方に少々戸惑いました。

竿を出すとこれまで無かった底の掛かりが有り、仕掛けを少し細くしてポイントを少し外し狙います。
最初のアタリで型物が出たのは暫く経ってからでしたが、その後も何度かバラシも有り、数は出ませんでしたが先日の豪雨で魚が流されてはいないか?・・・
との不安も少しは払拭され、これからに期待をして日付が替わる頃に切り上げました。

気が付けば付近でセミの初泣きの声も聞かれ、いよいよ季節は真夏に入ってきた感じで、これからはナイターでも暑さや纏わり付く虫との戦いの季節に入ったようです。


昨日は本流で期待外れに終わってしまい、それなら6月末まで狙っていたポイントの様子を見ようと出掛けます。
着いてみると意外なほどの濁り様に、先日の豪雨の影響が未だ残っている筈は無い?なら、直前に上流で雷雨でも有ったのか?と、この濁り様では・・・と不安の中で支度を始めます。



漸く陽も落ち薄暗い中始めますが、これ迄は全くと言って良い程底に掛かりが有りませんでしたが、頻繁に根掛かりをするようになります。
これでは2号のハリスでは安心出来ない!・・・と、1.5号に落としポイントも少し外して再開します。



丁度満月は正面から上がってきて、暫くは眩しさの中で浮きを見詰めていると・・・


それまでは全く魚の気配が無く、今日は外したのか?と早上がりも考え始めていましたが・・・
刻む様な触りの後に、二節ほどの喰い上げるアタリで、本命の手応えを感じます。
最初はそれ程の感触では有りませんでしたが、段々と重量感溢れる引きが伝わってきて、手前に寄ってきた姿に型物を確信します。
玉網に確保すると、丸々とした型物の魚体に、これで一安心!と胸を撫で下ろします。



その後も9寸クラスが続き、これからか?と思っていると・・・


シモっていた浮きを抑え込む様なアタリで、合わせた直後の手応えも重量感溢れるものでしたが・・・
下流へと走る引きを止められず、底の掛かりに潜られてしまいハリス切れでした。



駄目なら早上がり!・・・と思っていましたが、最後にバラシで終わってしまうのは悔しい!と、エサを少し作り続けると・・・
その甲斐が有ってか、二枚目の型物を期待する良型が上がり、もう少しと思いましたが、追加した餌が無くなるまでにはアタリが出ませんでした。



結局追加した餌が無くなった0時過ぎに諦めましたが、型物も上がり先日の増水の後も魚は残っていたと確認出来ただけでも良し!とします。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣行記2017年7月7日 七夕釣行 | トップ | 釣行記2017年7月10日~11日 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
型物記録継続〓〓 (釣りバカじいじ)
2017-07-11 21:39:12
久しぶりの釣りですぐに型物が出て、支流でもまた型物が顔を出してくれる富山の自然が羨ましいかぎりです。関東では欠席した本会の優勝が5K30釣ったYSさん2位は4KオーバーのM幹事長その下は2K台だったようでいつも下見に行く連中は長島川で1K台と惨敗だったようです。 下見では長島で釣れたようですが幹事長は横利根で18尺から15尺に変えたのが良かったようです。
厳しい中でも・・・辛うじて (真鮒大助)
2017-07-11 22:36:37
じいじさん、こんばんは。
大雨で暫く釣行出来ずにいましたが、漸く出掛けられて7月も型物が直ぐに上がってくれてホッとしました。

関東方面では梅雨入りしたと言っても、雨不足の様で厳しい状況の様ですが、そんな中でも5キロ台が出たようですね。
一寸した条件の違いで、ガラッと変わってしまうのが野釣りの怖さですね。

こちらでも今の時期は良い時も有りますが、駄目になるとアタリも見られない事も有って、竿を出してみないと判らない!と言うのが本音ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。