ちょっと DESIGN

日常にあるデザインをちょっと楽しく見つめていきます

さんすけ

2009-06-17 | デザイン
三角スケール、略して“さんすけ”






断面形状が三角形で三つの面の両側に6種類の縮尺の異なる目盛が刻まれています。

例えば・・・1/100、1/200、1/300、1/400、1/500、1/600というような。

このなかから必要な縮尺にあわせて使用面を選び図面を測ったり描いたりできる優れものです。

建築設計の世界ではCADがどんなに発達しようとも“さんすけ”は欠かすことができません。

他のデザイナーの皆さんは三角スケールって使うのかなぁ?

色々な縮尺のも、大きさのものがあったりします。

バブル期にはバカラ製なんかもあったらしい・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加