幻家post

絵葉書のように旅の空気をお届け

有珠山火口原展望台

2016-10-15 | 北海道
新聞で、白黒写真のような熊本阿蘇の空撮を見た。
あの、緑の草の絨毯も厳かな神社の瓦も、家も道も畑も灰色。
これから寒い冬。土地神さま、どうぞしばらくお休みください。

その昔、1万年前ほどは富士のように美しい形だったらしい有珠山。
噴火で山頂が吹っ飛び、でこぼこになり、今もうっすら蒸気をあげている。
ロープウェイを降り、階段をひいこら登ると展望台に着く。

そこから少し降りると見える、1977年にできた過去最大級の銀沼大火口。
世界ジオパークのひとつでもあり、散策路も整備されている。
洞爺湖、昭和新山、内浦湾、とぐるりの眺望も、地図を見下ろすようで壮大。

山が生きているおかげで、温泉が湧き、果樹が育ち、恵みは多いけれども、
百年で4回噴火するような場所でもある。そこになぜ人が集まるかといえば、
ここが好きだから、だろうなぁ。だからまた、行きますよ熊本も。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有珠山メロンソフト | トップ | 仁木果物狩り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む