歴史と旅と少しのグルメ

ぐんまを中心とし、日常の気ままな話題を書き込みます。

はるかな尾瀬2009 VOL.6

2009年10月10日 | まち歩き

久しぶりに尾瀬に行ってきました。今年は、夏が猛暑でなく、紅葉の色も例年と比べると色づきがいまいちな感じです。                                                                     今回、鳩待峠~山の鼻の木道沿いの木々が紅葉していました。ウルシやカエデの赤や、ブナやミズナラの黄色のコントラスト、今年のシーズンの締めくくりです。尾瀬ヶ原の草紅葉は終わりましたが、至仏山など山の紅葉が見頃です。                               尾瀬も10月でシーズンを終えます。尾瀬内の山小屋の営業も中旬には終わり、11月はじめには津名木のゲートも閉鎖され、一気に冬支度です。今年は、ミズバショウ、ニッコウキスゲなど多くの花が見事に咲きました。コバイケイソウがよく咲くと、農作物の出来が良くないと聞きますが、今年は、野菜も品薄で高かった時期がありましたね。今年もいろいろな感動を与えてくれた尾瀬の自然に感謝したいと思います。

048

至仏山の紅葉。今日登れば眺めが良かったでしょうね。

052

ブナやカエデのコントラスト。キレイですね。

070

尾瀬ヶ原牛首付近。カンバの白と湿原の茶のコントラスト

075

池塘にいたカモ。過ぎゆき秋を楽しんでるようです。


この記事をはてなブックマークに追加