松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

福山藩の狩野派、片山墨随斎守春・索準斎守規父子

2016-08-22 | 画人伝・広島

文献:広島県先賢傳、福山藩の日本画、福山の日本画展

幕府御用絵師の狩野派は、福山藩にも早くからもたらされ、明和・天明の頃に土屋索進斎(不明-不明)が出ている。索進斎は、福山城下深津町鉄屋に生まれ、京都に出て狩野派の鶴沢探鯨・探索に学び、法橋に叙せられた。同門に円山応挙、田中索我らがいる。晩年には福山に戻って藩内に画風を伝えた。芦田郡府中出身の片山墨随斎守春(1720-1794)、片山索準斎守規(1772-1833)父子も狩野派を学び、ともに法橋に叙せられている。また、江戸詰で阿部家の家臣だった吉田蘭香兼貞は、阿部正倫に仕え、天明3年御用絵師となった。、二代・吉田洞佐美保、三代の吉田洞京(不明-1849)と御用絵師は引き継がれ、四代の吉田洞谷(1830-1887頃)は、洞京の娘婿となり、阿部正精、正寧、正弘と三代の藩主に仕えた。

片山墨随斎守春(1720-1794)
享保5年生まれ。別号に素準斎、鯨序斎がある。狩野派の画を学び名声を得た。法橋に叙せられた。寛政6年、75歳で死去した。

片山索準斎守規(1772-1833)
安永元年生まれ。片山守春の五男。別号に墨雲斎がある。狩野派を学び、父と同じく法橋に叙せられた。天保4年、62歳で死去した。

土屋索進斎(不明-不明)
明和・安永・天明期に活躍した。通称は丈右衛門。鉄屋・土屋三右衛門の子。京都で鶴沢探鯨・探索父子に学んだ。同門に円山応挙、田中索我(鴨方)らがいる。備前池田家に招かれ、晩年法橋となり、福山に住んだ。

吉田洞京(不明-1849)
江戸詰の福山藩士・阿部家家臣。諱は春安。吉田家三代。文政8年、阿部正精の御用絵師となった。嘉永2年死去した。

吉田洞谷(1830-1887頃)
天保元年生まれ。名は春良。雅号は蘭英斎洞谷。別号に雲援、松涛軒などがある。江戸小石川大塚の高橋嘉右衛門の三男。吉田洞京に師事し、娘婿となり養子に入った。人物画を得意とした。慶応4年には一家で福山に引っ越し、藤井松林とともに画学小教授心得とななった。廃藩後は東京に戻った。明治20年頃死去した。

平井雪旭(1806-1885)
文化3年生まれ。名は本右衛門、のちに平蔵と改名した。諱は正親。雅号は永進斎雪旭。福山城下本町の宿老格をつとめた。家業は紺屋。狩野派の画を学び、山水、花鳥、人物など多くの下絵粉本を残している。息子・雪正も風流人で俳句をよくした。明治18年、80歳で死去した。

広島(3)-ネット検索で出てこない画家

『広島県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島藩の狩野派・山野峻峰斎 | トップ | 広島藩の四条派・山田雪塘と門人 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む