松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま長崎県を探索中。

自適にして名を求めず・中村生海

2014-09-10 | 画人伝・遠州

文献:遠州画人伝

平井顕斎は、福田半香と並び称されながらも、画壇にあって不遇であり門弟に恵まれたともいえない。顕斎の門弟は出生地の川崎地方と浜松地方に多く、浜松に思斎の子、樋口如璋、曳馬村に中村翠濤と中村松塢、積志村に栩木夷白、斎藤秋山ら、浜名湖の東岸雄踏町に中村簡斎、中村生海の兄弟がいた。その中にあって、中村生海は顕斎の筆意を受け継ぎ、衣鉢を伝える逸材の声が高かった。しかし、生海は悠々と生き、決して名を求めなかったため、広く画名を知られることはなかった。

中村生海 なかむら・せいかい
天保5年5月宇布見村生まれ。中村重三郎の子。名は恕、字は碧、はじめ碧水と号したが、まもなく生海とした。通称は房次郎。14歳の時に平井顕斎の門に入り学ぶ。以来、顕斎の遊歴に従いつつ画を学び、安政3年4月に顕斎が三州岡崎で病死するまで、必ず随伴していた。顕斎死去の時、生海は23歳だった。

生海は顕斎から非常に愛され将来を嘱目されていた。福田半香からもその手腕を認められており、半香は人に「顕斎は実にいい後継者を持っている。自分には鈴木香峰があって、その将来に期待するものがあるが、香峰の技も若い生海にはなお及ばざるものがある。うらやましい弟子だ」と言っていた。

顕斎の死後、生海は故山の家に帰り、その後は誰にも師事せず、顕斎からの教えを守り研鑚に努めた。渡辺小華は生海を評して「顕斎、半香没後、独り乃父の山水を伝うるもの、唯この翁に存するのみ」とした。また、田中梅崖は遠州の七不思議の一つとして「僕遠州に来り不思議の念に堪へざるは、生海の画技遥かに青の上にありながら、人青を知りて生海を知らず」と記している。

生海は茶道をたしなみ、生涯怒声を発したり、軽はずみに人を批判したりすることはなかったという。悠々自適に俗塵を絶って絵筆をとり、決して名を求めることのない人生を送り、明治36年3月21日、70歳で死去した。

遠州(5)-ネット検索で出てこない画家

『静岡県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠州における椿山門下 | トップ | 小華へと続く崋椿の流れ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む