松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

尾張南画の草創期

2015-01-09 | 画人伝・尾張

文献:愛知画家名鑑尾張の絵画史

名古屋を中心とする尾張地方の南画は、江戸中期の明和年間に始まり、幕末・明治に至るまで多彩な展開をみせた。日本南画の創始に重要な役割を果たした彭城百川(1697-1752)も名古屋の生まれだが、その活動のほとんどが京都でのものであることから、尾張南画の創始は、百川が死去した時にはまだ10歳だった丹羽嘉言(1742-1786)といえる。

20歳前後で京都に遊学し、明和年間に帰郷した嘉言は、国学を納める一方で洋風画の筆致や構図の山水画を研究、尾張南画の基礎を築いていった。また、ともに尾張南画を創り出した西村清狂(1727-1794)は人物画を切り開き、さらに以前から活動していた津田応圭(不明-1780)が花鳥画を主導した。その周辺には山川墨湖、巣見東苑、高間春渚らがいて、さらに柴田西涯、鈴木若水、宮崎白山、佐野秋華、井上東離らが出てくる。

丹羽嘉言
寛保2年4月3日生まれ。字は彰甫、通称は新次郎。別号に章甫、名士関、謝庵、釈秋林、天放、聚珍堂、福善斎、石居、惺堂、清閑亭主、東海などがある。尾州藩士。雲臥禅師を慕い、30代半ばにして般若台に隠棲、禅理をきわめ、画を描き、風流三昧の生活を送った。寡欲で酒をたしまみ、描くところの山水は元明の風格にかない、その巧妙さは池大雅と並び称された。国文学への造詣の深さや、木活字本の制作、叢書化など多方面で先駆的な役割を果たした。『謝庵遺稿』『福善斎画譜』の著書がある。天明6年3月16日、45歳で死去した。

西村清狂
享保2年生まれ。名は百春、通称は清兵衛。祇園町の「鑪屋」の商人。幼い頃から画を好み、師はなく自らで画法を切り開いた。飄逸な人物画をもっとも得意とした。生来酒を好み、酔いにまかせた画作も多い。寛政6年12月11日、68歳で死去した。

津田応圭
名は乗文、通称は織部、縫殿、字は応圭。別号に北海、柘榴園がある。尾州藩の重臣で、三之丸の東南櫓角に住み「隅の津田」と称された。画を好み、沈南頻を学び、元明の古法をくみ、特に花鳥画を得意とした。尾張における明清画の先駆者。安永9年11月22日死去した。

山川墨湖 
延享3年1月1日生まれ。名は斉、字は子順、通称は弥兵衛。別号に五石山人がある。名古屋上畠町の「丸屋」の商人。文雅を好み、長崎に遊んだ清人費晴湖に南画を学び、山水蘭竹が巧みだった。書をよくし、狂歌もたしなんだ。寛政12年6月4日、55歳で死去した。

巣見東苑
名は巣敏、字は修父(甫)、通称は治平。名古屋伝馬町に住み、画をよくして天明年間に活躍した。丹羽嘉言と親交があり、天明元年4月3日の伏見旧宅における嘉言不惑賀宴にも招かれている。

高間春渚
宝暦6年生まれ。名は明遠、通称は増兵衛。別号に清環堂主人がある。名古屋赤塚の豪商で、はやくに亡くなった兄李渓のあとを継いだ。文学を好み、磯谷滄洲に師事した。また、井上士朗、近藤九渓らと五子の社をつくって雅事に遊び、遠山豆洲の三之丸屋敷に招かれた長崎の范古につき画を学び、明清風の水墨画をよくした。天明6年11月3日、30歳で死去した。

柴田西涯
名は玄龍、景浩。名古屋納屋町に住んでいた。安永年間に活躍した。

鈴木若水
字は伯栗、穂寛、通称は平九郎。安永年間に活躍した。

宮崎白山
名は忠敏、字は慎甫、通称は十郎次。海西郡島ケ地の人。安永年間に活躍した。

佐野秋華
名は忠豊、字は公栗、通称は周平。安永年中に出て、左忠豊と称して天明・寛政年間に活躍した。

井上東離
名は邦高、通称は嘉兵衛。嘉言と親交があり『福善斎画譜』の中に多くの虫類の写生がある。

尾張(5)-ネット検索で出てこない画家

『愛知県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庶民の姿や風俗を描いた尾張... | トップ | 尾張南画の変質期 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む