松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま福岡県を探索中。

鯉洋画壇を結成した大楽桃白と光市の門人

2016-10-31 | 画人伝・山口


文献:光市史跡探訪第2集、防長の書画展-藩政時代から昭和前期まで

光市にある早長八幡宮で神官をつとめていた大楽桃白(1884-1953)は、定まった師もなく、南画、北画なんでも描くという巧者だった。絵画論に関しても一家言あり、俳句、和歌、古美術、郷土史などにも通じ、弁舌さわやかだったという。早長八幡宮裏の自宅に同志を集め、絵画の結社「鯉洋画壇」を組織し、「鯉洋会展覧会」をたびたび開き、光市の文化向上に貢献した。

大楽桃白(1884-1953)
明治17年玖珂町生まれ。森脇清次郎の五男。室積早長八幡宮の神官大楽家の養子となった。光井、室積の尋常高等小学校で図画を教えていた。特定の師につかず、南画、北画はもちろん、西洋画の様式も取り入れた作品を描き、文展にも出品した。また、みずから画壇を組織して展覧会を開くなど、絵画をもって郷土の文化向上に貢献した。昭和28年、69歳で死去した。

柳井津誠人(1894-1934)
明治27年光井生まれ。旧姓は渡辺。元光井村長の渡辺貞剛の実兄。はじめ大楽桃白に日本画を学び、のちに小室翠雲の門人となって、日本南画院に出品した。南宗画の山水花鳥を得意とした。昭和9年、40歳で死去した。

伊藤青邱(1894-1969)
明治27年光井生まれ。本名は行馬。はじめ大楽桃白に学び、大正2年に画家を志して上京、小茂田青樹、荒木十畝に師事した。戦後は帰郷して制作を続け、日本美術院に出品した。花鳥を得意とした。昭和44年、75歳で死去した。

梅村香暁(1894-1978)
明治27年大島郡生まれ。京都絵画専門学校卒業。大正のころ室積に住んでいて、大楽桃白と交流した。県立萩高等女学校の美術、書道教師、のちに萩女子短期大学の書道講師をつとめた。昭和53年、84歳で死去した。

『山口県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹田系作品鑑定の第一人者・... | トップ | 近代絵画としての南画の再生... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む