松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

不世出の天才・屋台彫刻の谷口与鹿

2015-04-28 | 画人伝・美濃、飛騨

文献:飛騨の系譜、飛騨人物事典

江戸中期になると、建築・彫刻分野で名工、名人が登場する。松田太右衛門は、高山及び近在の寺院建築に腕をふるい、門下から優秀な人材を輩出した。太右衛門の技は師弟相伝で受け継がれ、弟子に東雲勘四郎、今井庄兵衛らがいる。さらに勘四郎の流れからは坂下甚吉、村山群鳳ら出て、庄兵衛の流れからは「不世出の天才」と称された谷口与鹿が出ている。

谷口与鹿は、若くして彫刻の名手として知られていたが、さらに宮彫師として名のあった信州諏訪の和四郎にも彫技を学び、作品は神技に近いものがあったという。特に祭り屋台の彫刻に力を注ぎ、麒麟台、恵比寿台、金鳳台、鳳凰台、神楽台などすぐれた作品を残している。生来の酒好きで、のちに摂津伊丹の酒造家の知遇を得て同地に移り住んだ。

松田太右衛門(不明-1746)
高山の人。初名は久勝、のちに以治。名工といわれた又平衛の子。27歳で清見村の了徳寺建築時の棟梁を務めた。以後、高山の歓喜寺、東等寺、随縁寺、円徳寺、日枝神社本殿、神岡町の大国寺などを棟梁として建築した。弟子に東雲勘四郎、今井庄兵衛がいる。延享3年、54歳で死去した。

東雲勘四郎(不明-1788)
高山の人。名は光則。東雲貞光の子。松田太右衛門に師事し、同門の今井庄兵衛とともに高弟といわれた。安永8年2月に日枝神社拝殿を請け負った。天明8年、62歳で死去した。

今井庄兵衛(不明-不明)
松田太右衛門の高弟で、谷口与鹿の祖。松田のもとで副棟梁として寺院建築に携わった。

谷口与鹿(1822-1864)
文政5年高山生まれ。名は宗咸、字は玄機。別号に与六、与麓、無醒がある。父の延儔に手ほどきを受け、信州諏訪の名工和四郎に彫技を、京都で吉田公均に画を学んだ。高山祭り屋台に多くの彫刻を残しており、麒麟台「唐子群遊」、恵比寿台「手長足長」、琴高台「鯉」などが著名。のちに摂津伊丹の造酒家の岡田家の食客となって、勤皇の志士の頼山陽、橋本香坡らと交わり、孝明天皇に「兎と木賊」の香盒を献上した。山崎弘泰に和歌を学んだ。ことのほか酒を好んだ。元治元年、43歳で死去した。

浅井一之(不明-1865)
高山下三之町の人。通称は和助。屋号は桐山屋。谷口与鹿・延恭の兄弟に師事。高山祭り屋台の鳳凰台「浪渡獅子」、石橋台「竜と牡丹」、神楽台「狂獅子牡丹」が残っている。慶応1年、35歳で死去。

岐阜(11)-ネット検索で出てこない画家

『岐阜県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛騨の匠・伝説の画人 | トップ | 飛騨の匠から彫刻家へ、飛騨... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む