松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま島根県を探索中。

讃岐に生まれ岡山南画の草分けとなった黒田綾山

2016-05-11 | 画人伝・讃岐

文献:岡山ゆかりの画人たち-桃山から幕末まで-、岡山の絵画500年-雪舟から国吉まで-、讃岐画家人物誌

高松に生まれた黒田綾山(1755-1814)は、池大雅門下の福原五岳に学び、師の五岳同様に人物画を得意とし、明画、とりわけ美人画の名手とされる銭貢に私淑し、主題、構図、筆法、彩色法などを学んだ。五岳のもとを離れてからは諸国遊歴の旅に出て、天明2年頃から備中玉島(現在の倉敷市)周辺で作画活動を始め、同5年からは玉島に定住、一時期、大坂に出たことはあるが、約30年間を当地で過ごした。画業のほかに、詩、書、陶などの余技もよくし、赤松滄洲、西山拙斎、菅茶山、頼春水ら多くの文化人たちと交流した。また、近隣の文人、知識層だけでなく庶民とも隔たりなく交流し、多くの逸話が残っている。

残された作品に大作は比較的少ないが、これは玉島での綾山の活動が、画業に専心したものではなく、より文人的な色合いが強いものだったからと思われる。綾山の功績は、多くの門弟を育てたことにあり、岡山南画の草分けとして南画普及に大きな役割を果たした。岡本豊彦、白神☆々(☆は「白」+「皐」)、小野雲鵬らの最初の師であり、他にも岡本綾江、守屋中岳らが門下から出ている。門弟たちを自分の元にとどまらせず、積極的に中央画壇へと進出させたことが、岡山南画の発展に大きく寄与したといえる。

讃岐の門人としては宮本綾浦が『讃岐画家人物誌』に掲載されている。

黒田綾山(1755-1814)
宝暦5年高松生まれ。名は良、字は亮輔、忠良。別号に起雲、南海山人、石隠、雲翁などがある。「綾山」の号は高松の西方にある「綾の松山」という山の名に由来するが、家族関係などは不明である。備後尾道出身の福原五岳に学んだ。入門時期は不確かだが20歳をすぎて間もなくだと思われる。はじめ伊予の狩野派・加藤文麗に学んだという説もあるが不確かである。備中玉島に定住し、多くの門人を育て、岡山南画の普及に貢献した。画域は広いが、とくに人物画を得意とした。文化11年、60歳で死去した。

宮本綾浦(不明-不明)
天保年間の綾歌郡川津村の人。通称は直一郎。画を黒田綾山に学んだ。

讃岐(4)-ネット検索で出てこない画家

『香川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月10日(火)のつぶやき | トップ | 5月11日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む