松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま島根県を探索中。

風流を好んだ松平左近と讃岐の勤王家たち

2016-06-01 | 画人伝・讃岐

文献:讃岐画家人物誌、讃岐の文人画展

松平頼該(1809-1868)は高松藩八代藩主・松平頼儀の長男として江戸小石川高松藩邸に生まれ、のちに「左近」と改名した。文武両道で、書画、和歌、俳句、茶道、華道、魚釣りなど、なんにでもひとかど以上の心得があった。住居である亀阜荘内には、能及び芝居舞台をつくり、演劇を開催した。左近みずから女形を演じるなどして、階級を問わず多くの人に公開し、人々からは「左近さん」と呼ばれ親しまれた。小国広太郎の変名も使い、勤王の志士たちとも連絡をとった。志士として活動した讃岐の日柳燕石、美馬君田らも、左近同様に風流を好み、書画をよくした。

松平頼該(1809-1868)
文化6年生まれ。生母は山崎綱子(のちに蔦子)。名は頼該、号は金岳、通称は隆之丞・道之助、のちに左近と称し、8歳の時に高松に帰り城内に邸を構えた。文政4年頼恕が水戸から入って頼儀の跡を継いで、頼胤がその嗣子となったため、左近は嗣子になれず隠居の身となった。天保10年、左近31歳の時に亀阜荘に移り、のちに「左近」と改名した。慶応4年、60歳で死去した。

日柳燕石(1817-1868)
文化14年生まれ。本姓は草薙、のちに日柳と改めた。名は政章、字は士煥、または耕吉、通称は長次郎。別号に柳東、三白、半楽居などがある。仲多度郡榎井村の人。勤王家として名を知られた。詩文に巧みで、画をよく描いた。慶応4年、53歳で死去した。

美馬君田(1812-1874)
文化9年生まれ。本姓は鎌田。名は諧、字は和甫、通称は援造。別号に土佛、櫻水がある。阿波美馬郡の人。琴平に移り住んだ。日柳燕石と交友し、慶応元年に高杉晋作をかくまった罪で高松藩に捕らえられ、燕石とともに投獄された。詩文に巧みで、画をよく描いた。明治7年、63歳で死去した。

日柳三舟(1839-1903)
天保10年仲多度郡榎井村生まれ、大阪に住んだ。名は政愬、字は終吉、通称は復太郎。日柳燕石の子。別号に玉城がある。詩文、画をよくした。明治36年、65歳で死去した。

葛西省斎(1820頃-1884)
文政3年頃生まれ。名は清、通称は俊助。別号に一壺翁、半枯翁などがある。藩の侍医。片山冲堂、日柳燕石と交わり、詩文書をよくし、画も得意で墨竹をよく描いた。『画竹二十字集』の著書がある。明治17年、65歳で死去した。

讃岐(13)-ネット検索で出てこない画家

『香川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月31日(火)のつぶやき | トップ | 6月1日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む