松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま鳥取県を探索中。

野際白雪と門人たち

2015-09-12 | 画人伝・紀伊

文献:紀州郷土藝術家小傳

野呂介石の高弟で、紀伊藩のお抱え絵師を務めた野際白雪(1773-1849)は、介石に学びながらも、南画だけでなく、狩野派や四条派風の花鳥画も学んだようで、研究熱心で画域が広かった。また、多くの門人を育てており、その門には紀伊藩士の鈴木景福、鍵野石耕、谷口南洲らが学んでいる。

野際白雪(1773-1849)
安永2年生まれ。紀伊藩のお抱え絵師。名は徴、字は伯亀。別号に石湖がある。居を群玉齋と称した。父は紀伊藩御先手の同心でのちに浪人となった。野呂介石に師事し、高弟と称された。はじめ表具屋を営んでいたため、壮年になってからも古画名蹟に接する機会があるごとに、それを自らの研究の良材に画域を広げていったという。師である介石の死後、介石が生前に語った内容を『介石画話』にまとめた。嘉永2年、77歳で死去した。

野際蔡眞(不明-1871)
名は眞。別号に石居、石湖、白鴎山人がある。本姓の松田氏を出て野際家を継ぎ、白雪の次女と結婚した。養父の後を受けて紀伊藩の絵師となった。明治4年、53歳で死去した。

野際蔡春(不明-不明)
名は春、字は白亀。野際蔡眞の子。画法を父に学び、出藍の誉れの声もあったが、父に先だって夭折し、後を継ぐものはいなかった。

野際小鶴(不明-不明)
野際白雪の妻。夫に師事した。

野際梅亭(不明-不明)
野際白雪の娘か、蔡眞の妻とみられる。父・野際白雪に師事した。

鈴木景福(不明-不明)
通称は治右衛門。紀伊藩士で御留守居番を勤めた。風雅を愛し、野際白雪に師事して花鳥などを描いた。白雪の画風をよく伝えている。

鍵野石耕(不明-不明)
名は長純、通称は幸左衛門。紀伊藩士。野際白雪に師事して、余技に画を描いた。

谷口南洲(不明-不明)
通称は房之助。紀伊藩士。野際白雪に師事して、余技に画を描いた。

久保田矮松(不明-不明)
通称は彌左衛門。紀伊藩に仕え表御右筆組頭を勤めた。野際白雪に師事した。元寺町に住んで余技に画をよくした。

畔柳孤峰(不明-不明)
通称は甚左衛門。紀伊藩に仕えて小普請支配役を勤めた。風雅を愛し、野際白雪に師事して、余技に画を描いた。

石本雪溪(不明-不明)
明治の人。名は芳隆、初号は溪樵。野際白雪に師事した。和歌山西紺屋町の表具師。津田香の著書『木國名勝詩誌』に挿絵を描いている。

瀬本石梁(不明-不明)
天保頃の人。石梁山人と号した。野際白雪の門に学んで山水をよくした。

岩橋鷺洲(不明-不明)
名は藤蔵、岩橋屋と称した。野際白雪に師事して山水を描いた。

池部絢霞(不明-不明)
通称は熊太郎。野際白雪に師事して山水を描いた。師の画風に似ていた。

稲生松林(不明-不明)
名は要人、通称は加兵衛。野際白雪に師事して山水を描いた。

富田翠霞(不明-不明)
通称は與兵衛。野際白雪に師事して山水を描いた。

朝陽(不明-不明)
本姓は不明。通称は次郎四郎。新通に住んで紋書を業とした。野際白雪に師事した。

小川恒貞(不明-不明)
天保時代の人。名は秀平。野際白雪に師事した。

橘翠徑(不明-不明)
名は為綱。野際白雪に師事した。

中村素行(不明-不明)
名は玄同。野際白雪に師事した。

中筋東川(不明-不明)
海草郡禰宜中筋の人。野際白雪に師事した。

中川石峰(不明-不明)
名は正是。野際白雪に師事して、墨竹などをよくした。

中井石雄(不明-不明)
名は與市。野際白雪に師事した。

福富皐松(不明-不明)
字は石眞、通称は半左衛門。野際白雪に師事した。

紀伊(10)-ネット検索で出てこない画家

『和歌山県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月9日(水)のつぶやき | トップ | 9月12日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む