松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

高松藩の狩野派、元祖・狩野常眞と高松藩御用絵師の系譜

2016-05-02 | 画人伝・讃岐

文献:描かれし美の世界、高松市歴史資料館コレクション展

江戸時代は幕府の御用絵師に狩野派が登用されていたため、全国的に狩野派の絵師を召し抱える藩が多く、高松藩においても二代藩主松平頼常の頃、もしくは初代頼重の終わり頃に、狩野派の絵師・狩野常眞(不明-1697)が藩絵師として召し抱えられたとされる。狩野常眞は江戸の中橋狩野家八代・狩野安信に学んでおり、高松藩における狩野派の元祖となった。以後、常眞の長子・永嘉、二子・常慶が後を継いで藩絵師となったと伝えられる。しかし、その後の子孫による世襲はなかったと思われ、跡は途絶えたようである。常慶の跡を継ぐべき義信が、中橋狩野家十一代狩野英信の門人になったためと考えられる。

狩野常眞に始まる画系が常慶で途絶えたため、宝永元年、三代藩主松平頼豊の時に、狩野紹伯が藩絵師に招かれた。紹伯がどこから来たのか画歴については不明だが、以後、高松藩においては、紹伯の子孫が狩野派の伝統を守り、榮仙、喜祖、允廸、明善、厚信、永笑と、幕末まで藩絵師として活躍した。なかでも弘化4年に藩絵師となった狩野永笑は、松平頼該の師役となるほか、多くの門弟を育てた。江戸時代を通して続いた高松藩の狩野派だが、現在残っている作品は少ない。

狩野常眞(不明-1697)
上野国の人。画を中橋狩野家八代・狩野安信に学び、法橋集信と称した。高松藩に抱えられて絵師となった。高松藩における狩野家の元祖とされる。元禄10年死去した。

狩野厚信(不明-1832)
名ははじめ秋成 のちに厚信。本姓は今西。高松藩絵師・狩野明善の養子となり、高松藩絵師となった。天保3年死去した。

狩野永笑(1819頃-1888)
文政2年頃生まれ。高松藩絵師、狩野厚信の子。名は親信。別号に綾川がある。藩主一族・松平左近の師となった。明治21年死去した。

玉井桃溪(1840頃-1880)
天保11年頃生まれ。名は千代。玉井信成の二女。狩野永笑に師事し花卉鳥虫を描いた。明治13年、41歳で死去した。

讃岐(1)-ネット検索で出てこない画家

『香川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正岡子規と周辺の文士や絵師 | トップ | 狩野派の画僧・實山と高松藩... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む