松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま福岡県を探索中。

現代まで続く円山・四条派の系譜

2015-07-24 | 画人伝・伊勢

文献:伊勢の画人 磯部百鱗三重の画人展

伊勢には南画をはじめ、狩野派、長崎派、岸派などいろいろな画法を学ぶものがいたが、主流となったのは円山・四条派だった。伊勢に初めて円山・四条派を広めた岡村鳳水の門からは上部斎、榎倉杉斎、荘門為斎が出て、さらに上部斎の門から林棕林が出て、その棕林の門から磯部百鱗(1836-1906)が出た。

磯部百鱗は中村左洲(1873-1951)、伊藤小坡(1877-1905)ら多くの門人を育て、さらに中村左洲の門からは、のちの京都画壇の重鎮、宇田荻邨(1896-1980)をはじめ、鈴木三朝(1899-1997)、嶋谷自然(1904-1993)ら多くの日本画家が出ている。

『伊勢の画人 磯部百鱗展図録 』に掲載されている「伊勢の画人系譜」によると、磯部百鱗には、左洲、小坡のほかに、井村方外、田南岳嶂、江村隆章、川口呉川、磯部百舟、上地天逸、阪口雨邨、吉田百僊、鈴木紫陽、久保田俊章、山本玉陽、小西柳子、小西左文、原豊村、橋本鳴泉、西田章山、小林松鱗、横地玉華、水谷百碩、井上百汀、向井耕雪、横川小波、坂井桜岳らの門人がいる。

また、中村左洲の門人としては、荻邨、三朝、自然のほかに、出口対石、奥田正治良、中井左琴、小川孤舟、井村岳陽、増田無相、佐藤吟月、松本荻洲、岩本豊年、野呂清水、中村百松、宮原左江らがいて、その系譜は現代まで続いている。

磯部百鱗(1836-1906)
天保7年代々磯部九大夫を名乗る内宮の御師磯部元延の長男として、五十鈴河畔の宇治今在家町に生まれた。若い時から画を志し、はじめに伊勢の林棕林に、のちに京都の長谷川玉峰に師事して四条派を学び、歴史画を得意とした。明治維新前後に京都から伊勢に戻り、明治4年に神宮に奉職してから24年に退任するまで神官の職にあった。中林竹渓に故実を、伊勢の為田只青に俳諧を、八羽光穂、鷹羽龍年に詩文の教えを受けた多才多芸の人で、久保田米僊、今尾景年、鈴木松年、川端玉章らと交友して画の研鑚にも励んだ。神官退任後は画道一筋で、多くの門人を育てた。明治39年、69歳で死去した。

中村左洲(1873-1951)
明治6年度会郡二見町生まれ。本名は左十。漁師の家に生まれ、幼くして父を失い、漁業で家族を支えながら郷土の三村亘翁の援助で、磯部百鱗に学んだ。明治28年には百鱗のすすめで、第4回内国勧業博覧会に出品し褒賞を受け、その後も日本美術協会、全国絵画共進会、日本画会、文部省美術展覧会などで入選を重ねた。鯛を得意とし「鯛左洲」の異名をとった。昭和28年、81歳で死去した。

伊藤小坡(1877-1905)
明治10年宇治山田市生まれ。猿田彦神社宮司・宇治山公貞幹の長女。本名は佐登。18歳の時から磯部百鱗に師事し、明治30年には百鱗の紹介で京都の森川曽文に師事し「文耕」の号を受けた。曽文没後は谷口香☆(☆は「山」+「喬」)に師事して「小坡」の号を受けた。大正4年に第9回文展に初入選、三等賞を受賞した。大正8年に日本自由画壇の結成に参加したが、栖鳳のすすめで退会し、帝展に復帰した。大正末期頃から歴史風俗をよく描くようになった。昭和43年、91歳で死去した。

三重(16)-ネット検索で出てこない画家

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隠れたる画家 野村訥斎 | トップ | 狩野興以にはじまる紀伊狩野... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む