松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

京都に出て浦上春琴らに学んだ讃岐の南画家

2016-05-25 | 画人伝・讃岐

文献:讃岐画家人物誌、讃岐の文人画展、描かれし美の世界

京都に出て学んだ讃岐の南画家としては、浦上春琴に学び高弟となった小西松塢をはじめ、春琴門からは、松岡李堂、木村葭郷らが出た。また、田能村竹田に学んだ合葉文山、田能村直入に学び、のちに池田桂仙、河野秋邨らと日本南画院を結成した三井飯山がいる。貫名海屋の門からは三谷石門、中村竹巌、細谷耕雲、細谷立斎らが出ている。

海屋に学んだ細谷立斎の一家は、父の細谷松坡をはじめ、師系は不明だが画をよくした。また、立斎の門人としては『讃岐画家人物誌』に森島松坡、庄司丘霞が掲載されている。

三井飯山(1881-1934)
明治15年生まれ。名は犀二郎。はじめ十市王洋につき、のちに田能村直入に師事し、山水、花鳥をよくした。常に直入に随従し、門人のなかでも最も直入の風致を得たといわれている。池田桂仙、河野秋邨らと日本南画院を結成した。昭和9年、53歳で死去した。

小西松塢(1797頃-1845)
寛政9年頃生まれ。名は貞游、通称は元四郎。三豊郡本山村の人。京都に出て浦上春琴に師事し、高弟とされた。弘化2年、49歳で死去した。

松岡李堂(1787頃-1861)
天明7年頃生まれ。名は正臣、字は伯、通称は衛門。別号に松琴、水莖、残月樓などがある。仲多度郡吉原村の人。幼いころから尾池桐陽の門に学び、のちに京都に遊び、眼医者として名を高めた。浦上春琴に学び、山水をよくした。文久元年、75歳で死去した。

藤井半雲(1825頃-1897)
文政8年頃生まれ。名は香澤、あるいは陳舜香。志度町の人。医業のかたわら浦上春琴に私淑し、花鳥をよくした。明治30年、73歳で死去した。

木村葭郷(不明-不明)
丸亀の人。医業のかたわら浦上春琴に学んだ。

合葉文山(1797頃-1857)
寛政9年頃生まれ。名は秦、通称は直次郎。信州上田の人。のちに琴平に移った。田能村竹田に学び人物、花鳥をよくした。安政4年、61歳で死去した。

藤村墨雨(1797頃-1855)
寛政9年頃生まれ。名は直弘、字は毅順、通称は音九郎。別号に澹齋、今是などがある。三豊郡和田浜の人。古書画を多く所有していた。貫名海屋、上杉墨水と親しく交友した。当時は墨人たちが多く来て逗留していたため、よく知られていた。画をよくし、俳歌も巧みだった。安政2年、59歳で死去した。

三谷石門(1842-1894)
天保13年生まれ。名は遷、字は干喬、通称は清平。別号に如年、恒心山人、城山獵夫、安々主人、三桃亭主人などがある。綾歌郡三谷村の人。貫名海屋の門に学び、山水を得意とした。詩や書もよくした。明治27年、53歳で死去した。

中村竹巌(1815頃-1882)
文化12年頃生まれ。名は登、通称は兼五郎。別号は金門、竹雨がある。春塘の子。画を貫名海屋に学んだ。当時は兒島竹處と並び称された。山水、蘭竹を得意とした。明治15年、68歳で死去した。

細谷耕雲(1830頃-1853)
天保元年頃生まれ。名は博介、字は愛介。細谷松坡の二男。画を父と貫名海屋に学び、山水、花卉をよくした。嘉永6年、24歳で死去した。

細谷立斎(1832頃-1911)
天保3年頃生まれ。名は辰、字は師古、または子星。細谷松坡の三男。別号に三松居士、錦江釣叟、六一山人などがある。はじめ画を父に学び、のちに貫名海屋に六法を受け一家を成した。山水、花卉をよくした。設色法に詳しく、古書画の鑑定もした。明治44年、80歳で死去した。

細谷松坡(1797頃-1868)
寛政9年頃生まれ。名は有芳、通称は成海。医業のかたわら画をよくし、山水、四君子を得意とした。明治元年、72歳で死去した。

細谷玉芝(1809頃-1878)
文化6年頃生まれ。名は壽満。細谷松坡の妻。蘭竹、芝石などをよくした。明治11年、70歳で死去した。

細谷松華(1844頃-1888)
弘化元年頃生まれ。名は為善、字は虚白、通称は多門。細谷松坡の六男。花卉を得意とした。明治21年、45歳で死去した。

森島松坡(1869頃-1901)
明治2年頃生まれ。名は吉、字は吉甫、通称は吉次。細谷立斎の子。山水花卉をよくしたが、大成せずに夭折した。明治34年、33歳で死去した。

庄司丘霞(1839頃-1908)
天保10年頃生まれ。通称は駒之助。三豊郡大野村の人。細谷立斎に学び、花鳥を得意とした。俳歌もよくした。明治41年、70歳で死去した。

讃岐(10)-ネット検索で出てこない画家

『香川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春木南湖と讃岐の門人 | トップ | 讃岐の書聖・後藤漆谷とその周辺 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む