松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま福岡県を探索中。

尾張の狩野派・町狩野

2014-12-24 | 画人伝・尾張

文献:愛知画家名鑑尾張の絵画史

町狩野とは、幕府や藩には所属せずに市井に門をはった狩野派のことで、尾張の吉川家は御用絵師・清野養山の門から吉川知信が出て以来、幕末まで町狩野として家系を続けた。また、木挽町狩野養川院惟信の門人である岩井正斎、松野梅山、その門人の下村丹山や近藤芙山らが町狩野として名を残した。ほかには、文化人と交流し画賛もよくした高田良斎、中天和尚、内藤東甫ら多彩な画人たちが活躍した。

吉川知信
貞享4年生まれ。通称は小右衛門、別号に孤月堂がある。清野養山に狩野派を学び、一家を興した。特に仏画、人物画を得意とした。松平君山が『張州府志』編纂のときに随行して、草木、禽獣、魚介などの写生にあたった。真宗大谷派名古屋別院にがある。明和8年死去。吉川家は町狩野の家として幕末まで続き、尾張藩の画用など公的な画事にも携わった。

吉川英信
吉川知信の長男。元文2年生まれ。通称は小右衛門、はじめ養悦と号し、のちに幸翁に改めた。文化8年死去。

吉川庄助
吉川知信の門人で、のちに養子に入った。

吉川義信(一渓)
吉川英信の長男。宝暦13年生まれ。通称は仙太郎のちに小右衛門、別号に養元、自寛斎、一渓がある。父に狩野派の画法を学び、特に仏画を得意とした。晩年には名古屋城本丸御殿障壁画の筆者鑑定を藩から命じられた。瀬戸市定光寺にがある。天保8年死去。

吉川弘信(君溪)
吉川義信の長男。寛政12年生まれ。通称は春助、はじめ君溪と号し、のちに益翁と改めた。東区西蓮寺にがある。明治17年死去。

岩井正斎
木挽町狩野九代養川院惟信の門人。養月と号した。同朋衆として尾張藩に仕えた。松平鳳山家の御用絵師となり、松平家邸に襖絵を描いた。名古屋城天守閣から見た四方の景色を写生した絵巻を著した。享和2年死去。

松野梅山
天明2年生まれ。名は栄興、字は純恵、別号に雪香亭、无我道人がある。名古屋の吉見屋某の子。はじめ岩井正斎に学び、のちに養川院惟信にも学んだ。壮年にして仏画を修め、薙髪して真宗の岐阜浄導寺に入った。上洛して画を献じて法眼に叙せられた。とくに富士を得意とした。大風で傷ついた城内御殿広間前の舞台が再建された時、藩の命により古図にのっとって鏡板を描いた。安政4年死去。

下村丹山
文化元年知多郡大高生まれ。名は実頴、通称は鉄蔵。別号に湛山、藍衣斎がある。松野梅山の門人で、特に人物画、仏画を得意とした。慶応元年に法橋となった。大高春江院にが残っている。慶応3年死去。

近藤芙山
文化2年熱田区伝馬町生まれ。通称は忠三郎。別号に煙霞斎、雪翁がある。17歳の時に渡辺清の門に入り土佐派を学び、のちに松野梅山について狩野派の画法を修めた。仏画を得意とし、弘化2年宗門の命によって勅修御伝を揮毫し京都御所に納めた。安政3年死去。

高田良斎(太郎庵)
天和3年生まれ。名は栄治、通称は藪下屋太兵衛、別号に下黄狐、黄朴狐、源良、具三、信暁がある。叢結庵、由成堂とも称した。家は代々藪下屋と称する飼馬を業とした。清野養山の門人で、江戸木挽町狩野二代常信にも学び、尾張藩市買御殿の襖絵、紫宸殿聖賢の障子を描いた。剃髪し、そののちに唯念居子に改めた。茶人太郎庵として知られる。宝暦13年死去。

中天和尚
名古屋巾下の雲門寺の住職。清野養山の門人で、画竜を得意とし、常に雲竜を描いた。当時は中天の画竜を買って火災除けとする人が多かったという。雲門寺は享保9年に火災にあい廃絶した。豊橋の東観音寺にがある。

岩間治信
通称は吉右衛門。清野養山の門人で、中区門前町に住み、町狩野として仏画などの制作にあたった。豊橋の東観音寺にがある。東観音寺は平安時代から隆盛をしられた三河の名刹で、他にも狩野派による障壁画が残っている。

尾張(3)-ネット検索で出てこない画家

『愛知県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾張の狩野派・代々続く御用絵師 | トップ | 庶民の姿や風俗を描いた尾張... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む