松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま鳥取県を探索中。

四条派を学んだ上代英彦と出雲の門人

2016-12-01 | 画人伝・島根


文献:島根の美術、島根の美術家-絵画編、島根県文化人名鑑、島根県人名事典

上代英彦(1819-1883)は5年間堀江友声に学んだのち、京都に出て四条派の岡本豊彦に師事した。田能村直入、中西耕石らと交友し研鑽を積んだが、病弱だったため帰郷し、晩年は大東町で過ごした。出雲の門人としては斎藤猛彦(1825-1876)、山本稲玉(1830-1897)、南画に転身した久座梅屋(1838-1889)らがいる。

上代英彦(1819-1883)
文政2年大原郡大東町生まれ。通称は豊八郎。上代市兵衛の三男。14歳の時から5年間堀江友声に学び、九容斎栄伯と号した。20歳の時に京都に出て、四条派の岡本豊彦の門に入り、英彦と改名した。20年ほど京都で研鑽を積み、田能村直入、中西耕石らと深交があった。その間仲井家を相続したが、幕末の混乱の中にあって安居できず、摂津、播磨を遊歴。その後、病弱のため帰郷し、晩年は大東町で悠々自適の生涯を過ごした。明治16年、65歳で死去した。

斎藤猛彦(1825-1876)
文政8年大原郡大東町生まれ。斎藤松翁の子。名は武彦、または武比古。斎藤家十九代の神職を継ぎ、医術も修めた。幼いころから画を好み、壮年になって上代英彦に師事した。墨画、彩色ともに得意とした。明治9年、52歳で死去した。

山本稲玉(1830-1897)
天保元年大原郡大東町生まれ。通称は平七郎。14歳の時から大東町祥雲寺の住職について文学修業をし、画を堀江友声、上代英彦に学んだ。嘉永6年に諸国を歴遊し、生野銀山領主の嗣子に画法を授けたこともある。のちに帰郷し、明治30年、68歳で死去した。

久座梅屋(1838-1889)
天保9年簸川郡大社町生まれ。金兵衛の長男。幼いころから画を好み、14歳の頃には凧の画を描くことを仕事とした。安政6年、26歳の時に飯石郡三刀屋に移って上代英彦の門に入り、30歳の頃には広瀬に行って堀江友声の教えを受けた。万延元年に黄仲祥が帰郷して際には指導を受け、四条派の画風から南画に一変し、画号もはじめは雲仙または梅屋と称していたが、南画に入ってからは琴山と改めた。明治22年、52歳で死去した。

田部宗章(不明-不明)
仁多郡仁多町三沢の人。通称は金之助。上代英彦に師事した。

『島根県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月29日(火)のつぶやき | トップ | 12月1日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む