松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま福岡県を探索中。

崋山・椿山の画風を継いだ最後のひと・白井烟

2014-12-05 | 画人伝・東三河

文献:東三河画人伝

従兄の白井永川から南画の手ほどきを受けた白井烟は、その後上京して崋椿系南画の流れを汲む松林桂月に学び、戦前・戦後を通じて中央画壇で活躍した。平成14年には田原市博物館で「崋山・椿山の画風を継いだ最後のひと・白井烟」が開催され、その経歴は展覧会図録や他サイトに詳しい。ここでは、烟の著書『東三河画人伝』の中から、他では掲載されていない画家やその周辺の人物について紹介する。

高須華外
曲尺手の南側に呉服や漆器、嫁入り道具一式を商う「八星」という大きな店があり、その店の主人。前項に登場した南画研鑚会「尚雅会」の会場となった店である。華外は裕福な好事家で、邸内は広く、別棟に数奇を凝らした庭園などがあり、「雅人の集まりには極めて都合がよかった」という。いつかしら日を定めて会合するようになり、持ち寄った作品の批評やら席画を楽しんだ。風流人・華外は闊達磊落な人物で、薄墨で上品で格調高い画を描いており、烟は「余り数は描かず作品も少ないと思うが、今あれば、きっと名品のはず」と評している。

下村快雨
豊橋市指笠町の願成寺の住職。椿山風の極めて温雅な作風だった。席画もなかなか達者で、よく画会で同席した。豊橋には作品が相当残っているはずだが、「帰郷の度に探すが、いまだお目にかかれない」

武田松荷
豊橋市東田町の全久院二十七世の住職。玉珠の玉を得意とし、描くのが速かった。会が終わってからの宴席で隣だったので、お膳についた魚をどうするか見ていたら、刺身をむしゃむしゃ食べていて驚いた。「全久院は生臭坊主だ、と毒付いたこともあったが、今考えると恥じ入るばかり」とのこと。

井戸芳水
東雲座の近くの小庵に住む半俗半僧。尚雅会では「井戸坊」と呼ばれていた。どこへでも顔を出すので、よく会った。遊びに来いと誘われたが、「その作品から受ける感じから訪ねる勇気はなかった」

角煙巌
小坂井市出身の詩人。いつも羽織袴で、笑った顔を見たことがないが、「詩も書も一番うまかった」。烟が師匠の松林桂月に雅号を決めてもらう際、故郷の煙巌山から「エンガン」にしろと言われたが、「先輩の詩人に角煙巌というひとがいるからまずい」と難色を示すも、桂月に「画を描かない人ならかまわんじゃあないか、それにしろ」と押し切られ「エンガン」に決まった。同じ読みの雅号に煙巌も気になっていたのか、烟の画に賛をしてみたいと望んでいたらしいが、それもかなわず煙巌は他界した。その報に烟は「同じ"エンガン"を名乗りながらも、なんと薄縁であったか」と嘆いた。

松坂眠石
牛川の松坂家の二男。青年時代は百花園に通って小華に学んだが、自分の才能が絵よりも印刻にあると思い、印刻に専念するようになった。親の財産を継いだ時に三河製糸工場を創立したが失敗。意を決して料理研究の目的で米国に渡り、7年間滞留して帰国後に料亭を開いたが失敗。食うや食わずの生活をしていたが、晩年は印刻が博物館で認められ騒がれるようになった。その博識は驚くべきもので、知らないと言ったことがない。「当時は誰も口にしなかったベターメン(ビタミン)という言葉がしきりに出た」

佐藤雨声
八名郡多米村の加藤家に生まれ、石巻村の佐藤家の養子となった。本名は芳一。別号に石邦、対巻居がある。郵便局に勤めながら白井永川に学び、その後上京して、先に東京に出ていたと烟と大塚で共同生活をする。小坂芝田に学び、芝田の死後は福田浩湖に師事した。烟が「貧乏書生が、同年輩の書生一人を抱えた形」と記した4年ほどの悪戦苦闘のすえ、雨声は帰郷して豊橋郵便局へと勤めを戻した。郵便局退職後の雨声は雅人として再起し、豊橋でも個展を再三開催、「芝田でもなく、浩湖でもなく、彼一流の画風になった」と烟も評している。また雨声は短歌もたしなみ、短歌雑誌「犬蓼」「三河アララギ」を発行、書人としての「佐藤房一」も出色で、烟は「どこへ居を移しても、一生を通じて風流人として終始した」と画友を回想している。

東三河(8)-ネット検索で出てこない画家

『愛知県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小華が去った後の豊橋画壇 | トップ | 南画一色の東三河画壇で異彩... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む