松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま福岡県を探索中。

浪華の美人画家・上島鳳山

2016-07-17 | 画人伝・岡山

文献:上島鳳山と大阪の画家たち、笠岡画人伝・俳諧史

小田郡笠岡村の辻家に生まれ、大阪の上島家を継いだ上島鳳山(1876-1920)は、円山派の西山完瑛らに師事し、動物画や美人画を得意とした。酒を愛する豪放磊落な性格で、身近にいた北野恒富(1880-1947)によると、かなりのアルコール依存症だったらしく、酒が切れると冷酒をあおって描いたという。能や狂言についての造詣も深かった。繊細で官能的な鳳山の美人画は、関西では竹内栖鳳に迫る人気を得ていたが、45歳で死去したため今は知る人は少ない。

上島鳳山(1875-1920)
明治8年小田郡笠岡村生まれ。本は寿治郎。辻喜平の二男。祖父は辻鳳山。実家は刀鍛冶、のちに理化学器械の製造を家業としていた。画房を鳳鳴画屋と称した。はじめ大阪の円山派の画家・木村貫山に学び、ついで西山完瑛、渡辺祥益に師事した。明治33年に大阪の上島多次郎の長女くに子と結婚して上島姓を継いだ。結婚までは祖父と同姓同名の「辻鳳山」を名乗っていた。明治42年、第3回文展に「緑陰美人遊興之図」を出品するが落選、以後文展に出品した記録はない。大正元年に大阪の青年画家による絵画運動「大正美術会」の設立に北野恒富らと参加、大正4年の第1回大阪美術展覧会では審査員をつとめたが、第4回展では恒富とともに辞退した。大正9年、45歳で死去した。

辻鳳山(1794-1850)
寛政6年生まれ。名は喜平。古手屋・辻徳十郎の子。上島鳳山の祖父。はじめ黒田綾山に学び、のちに円山派の渡辺南岳に師事した。敬業館教授の小寺清先、関鳧翁ら文人と交流し、清先の長男・清之の著書『備中名勝考』の挿絵や、笠岡笠神社の衝立の絵などを描いた。嘉永3年、57歳で死去した。子の辻喜平(2代目)は画家ではなく、理化学研究家だった。二代目の二男の寿治郎が上島鳳山である。

鳳陽(不明-不明)
上島鳳山の弟子。鳳山には実子として2人の男子がいたが、いずれも早世した。鳳陽は昭和4年の時点で、鳳山と同様に井口古今堂と関係があったことがわかっている。

岡山(23)-ネット検索で出てこない画家

『岡山県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月15日(金)のつぶやき | トップ | 7月17日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む