松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま鳥取県を探索中。

尾張の狩野派・初期画人

2014-12-19 | 画人伝・尾張

文献:愛知画家名鑑尾張の絵画史

尾張におけるまとまった絵画制作は、名古屋城の障壁画制作にはじまった。この制作には、当時の狩野派の主流であった画人たちが多く参加した。尾張関係の狩野派の初期画人としては、加賀了順、伊島牧斎、清野一幸らがいる。牧斎は17世紀の中頃には尾張藩に仕えていたが、その詳細は不明で、同時期に活動した清野一幸が尾張藩最初の御用絵師と考えられる。一幸は20年間、尾張藩の御用絵師をつとめ、現役のまま没し、その後を子、孫が代々継ぎ、それが途切れると、江戸の浜町狩野家から今村随学が派遣され、代々御用絵師をつとめた。

加賀了順
狩野永徳の庶子。尾張藩初代藩主義直に仕えた。子孫は画業を廃した。

伊島牧斎 
鷹匠の家に生まれ、幼少より画を好み、狩野安信に学んだ。別号に朴斎、卜斎がある。慶安元年頃尾張藩に仕え、扶持十人分を得たと伝えられる。鷹および鳥類を得意とし、竹腰家書院障壁画にインコの絵を描いた。名古屋城二之丸御殿迎凉閣に鶴図襖絵が残っている。

南部一翁
通称は十一左衛門。別号に松寿軒がある。伊島牧斎の門人で、義直に仕え、鷹の絵を得意とした。

土岐某
義直に仕え、鷹の絵を得意とした。

平川徳順
義直に仕え、鷹の絵を得意とした。

永原権兵衛
竹腰家の家人。義直に仕え、鷹の絵を得意とした。

清野一幸
江戸木挽町狩野初代尚信に学び、師の描法を守った。名は重信、別号に円成、童翁がある。尾張藩に招かれ尾張藩御用絵師の祖となる。寛文・延宝年間にもっとも活躍し、盛んに寺院の障壁、杉戸、屏風に描いたが、落款を施さなかったため、作品が特定できないものが多い。

清野養山
江戸木挽町狩野二代尚信の門人。清野一幸の子。名は常進、別号に円如、一成がある。一幸の没後、元禄の初め尾張藩に召され、元禄8年尾張藩御用絵師となり、12年に円如から養山に改めた。中天和尚、太郎庵、岩間治信、吉川知信ら多くの門人を育てた。

清野円嘉
別号に蔵主、円常がある。養山の子。享保7年尾張藩御用絵師となった。寛政4年から茶道役を兼ねる。宝暦10年死去。

清野円斎
名は庄吉。円嘉の子。父の没後尾張藩に仕えるが、もっぱら茶道役をつとめた。

今村随学
江戸浜町狩野三代常川幸信の門人。明和4年尾張藩御用絵師になった。天明8年村上養寿を養子に迎えた。寛政5年死去。

今村養寿
江戸木挽町狩野七代養川院惟信の門人。天明8年村上家を出て今村随学の養子となり、寛政6年尾張藩御用絵師となった。文化5年死去。

今村晴雲
江戸木挽町狩野九代晴川院養信の門人。今村養寿の長男。はじめ玉真と称した。字は碧峰、別号は竹斎。文化11年尾張藩御用絵師となった。文政9年死去。

今村惟完
今村養寿の子。晴雲の弟。

今村真静
今村晴雲の長男。文政10年尾張藩に仕えた。

今村勝渓
文政年間から元治年間頃の尾張藩御用絵師。真静と同一人物とも考えられる。

 尾張(1)-ネット検索で出てこない画家

『愛知県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月12日(金)のつぶやき | トップ | 12月19日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む