松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま鳥取県を探索中。

菅茶山・頼山陽の広島の門人

2016-09-16 | 画人伝・広島

文献:菅茶山ゆかりの絵画展、安芸・備後の国絵画展

福山が誇る儒学の大成者・菅茶山は、京坂地方や江戸で与謝蕪村、池大雅ら多くの著名文人と交友し風雅の道を究めたが、その生涯の大半を郷土の神辺で過ごし、私塾などを通して地元の教育に尽力した。また、京都で名をなした頼山陽に影響されて学問を志したものも多い。菅茶山、頼山陽に師事し、画を描いたものとしては、菅茶山に師事した小早川文吾(1782-1880)、頼山陽に師事した関藤藤陰(1807-1876)、江木鰐水(1810-1881)らが余技で絵筆を握って、風雅に富んだ作品を残している。

小早川文吾(1782-1880)
天明2年土生村生まれ。字は景汲、通称は文五郎、文吾。別号に採薇、太平楽々翁、楽々斎などがある。神辺宿七日市の医師・小早川享説の二男。家業を継いで医学を学び、のちに菅茶山の門人となり、頼山陽、藤井暮庵、門田朴斎、古川古松軒、関鳧翁らと交遊した。和歌、絵画、文字学にも秀でており、特に作字が得意だった。茶山の没後に「春秋園」と称する私塾を開き、子弟の教育を行なった。晩年失明したが、それでも講義をやめなかった。著書に『三光史』『教訓古今道しるべ』『奉納梅花千首』などがある。明治13年、99歳で死去した。

関藤藤陰(1807-1876)
文化4年備中国吉浜生まれ。関政信の子。関鳧翁の弟。福山藩儒者。幼名は元五郎、諱は成章、字は君達、通称は淵蔵、五郎、和介、文兵衛など。幼くして両親と親代わりだった伯母を亡くし、備中吉井村の石川順介に引き取られて養子となった。敬業館で小寺清先の薫陶を受け、のちに京都の頼山陽に師事した。福山藩儒者として、藩校「誠之館」の創設、ペリー来航にあたっての浦賀・下田の探索や2度にわたる蝦夷地探査などを行なった。また、幕末動乱期の長州藩による福山城攻撃に際しては「大義滅親論」を唱えて藩論をまとめ和議を成立させ福山城下を戦火から守った。著書に『文章軌範筆記』『詩書筆記』『蝦夷紀行』『観国録』『藤陰舎遺稿』『杜詩偶評説』などがある。明治9年、70歳で死去した。

江木鰐水(1810-1881)
文化7年賀茂郡河内町戸野生まれ。庄屋・福原藤右衛門貞章の三男。福山藩儒者。名ははじめ貞通のち戩、字は晉戈、通称は健哉のち繁太郎。別号に健斎、三鹿斎がある。14歳で福山藩医・五十川義路の子義集に学んだ。のちに義路の娘と結婚し、五十川家の縁戚である江木家を継いだ。1830年京都の頼山陽に師事し、山陽没後は大坂の篠崎小竹に学び、ついで江戸の古賀洞庵に師事した。天保元年福山藩の藩儒として登用され、弘道館で教授し、誠之館の創設に尽力した。藩の兵制を改革し戊辰戦争には参謀として函館まで転戦した。廃藩置県の後は養蚕を奨励し、干拓水利事業の進言、河川を利用した陰陽連絡通路の立案など、県に大きな足跡を残した。明治14年、72歳で死去した。

太田午庵(1753-1808)
宝暦3年生まれ。名は豫、字は子順、通称は権三郎。俳号は呂十。広島藩物頭役をつとめていたが病弱のため退き、あとは風雅に身を置き、平賀白山、飯田篤老と交遊し、頼春水、山陽とも交わった。画を得意とし、俳文にも長じた。文化5年、56歳で死去した。

平賀白山(1745-1805)
延享2年生まれ。名は周蔵、字は子英。剃髪して小川蕉斎とした。別号に獨醒庵がある。古学を唱え詩文に長じた。頼春水、太田午庵らと交遊した。晩年は俳諧も好んだ。文化2年、61歳で死去した。

宮原節庵(1806-1885)
文化3年生まれ。名は士淵、通称ははじめ謙蔵のちに龍。別号に潜叟、易安、栗林がある。尾道の名家・渡橋貞兵衛の五男。のちに父の元の姓、安芸の宮原姓を名乗った。尾道にいく途中に渡橋家を訪れた頼山陽の弟子となり京都に出て、山陽の塾の中心人物となった。特に書においては師を勝るともいわれた。明治18年、80歳で死去した。


広島(12)-ネット検索で出てこない画家

『広島県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月14日(水)のつぶやき | トップ | 9月16日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む