松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

崋椿系が根付く前の東三河画壇(1)

2014-10-31 | 画人伝・東三河

文献:東三画人伝

後に絶大な勢力となる崋椿系が根付く前の東三河では、円山・四條派を学んだ恩田石峰や原田圭岳、そして谷文晁に学んだ稲田文笠らが中心的な画人だった。ほかには海山宗恪、三宅友信、金子豊水、大河内信古らがいた。さらに文笠の門下である鈴木拳山、大河戸晩翠らが出るが、大河戸晩翠は師の文笠亡き後は、小華門下の第一人者として活躍した。

中村石鶴
文政・天保頃の医者・画家。田原の中村家は刀圭(医術)界の名家で、石鶴は医術の傍ら京都の田中日華に画を学び、余技としてよく描いた。

岸翠
蒲郡の人。永島蕉六という。京都に出て岸派に画を学んだ。

楽庵
通称は茶七、別号に一樹道人がある。港町に住み、書道をもって一家を成し、余技として画も描いた。弘化元年に死去。

辻内文福
徳川幕府の役人で、谷文晁に画を学んだ。吉田橋架け替え工事の際に、弘化2年11月から翌年の5月まで服部弥八方に宿泊し、作品を残している。

福谷水竹
本名は福谷藤左衛門、諱は世黄。吉田西町で油屋を営む素封家(大金持ち)で、岡崎の青々處卓池に師事した。俳名は涼石居水竹といい、狂名を赤守と称した。吉田に正風俳諧を広めたのは水竹の力といわれる。茶道は不蔵庵龍渓和尚に学び、傍ら俳画をたしなんだ。嘉永3年正月、64歳で死去した。

佐藤大寛
字は栗、若水の子。叔父の南澗に育てられた。茶道を堀内宗完に学び、画を鈴木鳴門に学んだ。嘉永元年、75歳で死去した。

鈴木三岳
新銭町の人。通称は與兵衛。別号に再少年・椎の舎三岳がある。青々處卓池に俳句を学び、俳画をたしなんだ。渡辺崋山とは特別に親密で、崋山の作品を吉田で頒布し、崋山幽囚後の渡辺家の家計を助けたという。嘉永7年9月4日、60歳で死去した。

佐藤白麟
船町の佐藤市十郎の子。大口蓊山の祖父・大口喜園の甥。通称は俊三郎、別号に文陵がある。幼い頃から画を好み、梅鄰・石峰に指導を受けた。その後、京都に出て塩川文麟に師事し「文陵」の号を受け、四條派の画をよく描いた。安政3年、24歳で死去した。

横山文堂
吉田藩主・松平信順に仕えた画臣で、谷文晁に師事した。信順の命でいろいろなものを写生し、これを集めて綴ったものが大河内家に残っているといわれる。安政3年に死去。

山田香雪
吉田藩の御画師・山田洞雪の子。名は意誠、別号に眞誠斉がある。父・洞雪の没後に吉田藩主の信宝・信璋に仕えた。狩野真笑の門人で、日光廟の修繕の際に師と共に従事したという。安政4年7月、40歳で死去した。

東三河(3)-ネット検索で出てこない画家

『愛知県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東三河随一の画人・太田山陰 | トップ | 崋椿系が根付く前の東三河画... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む